忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 情報源がレバノン当局だちゅうからいまひとつ乗りきれないんだが、可能性やら蓋然性ちゅうのは、嘘こきの独逸出羽守クライン孝子がなにをほざこうが十分にはあるわな。

 伝えられるところでは、昨年9月に米軍施設に対するテロ準備の容疑で逮捕されたイスラム転向者 Fritz Gelowiczとその一派の起訴に対する報復テロだちゅうんだが、使用される爆薬一トンは陸路ロシア~フィンランドを経由してロストックに向かっていると思われる、こんな感じですわな。

 さて、爆薬一トンちゅうのが一体どれほどの容積になるのか?
これは僕には想像出来ないが、これが国境を突破して入ってしまうってことになるとドイツの保安当局は面目丸潰れ、仮に爆弾が現実に使用されるなんてことになると、只でさえ選挙モードで不安定化している大連立、人気に支えられているアンジーも危うし、こんな感じですかw

参照記事
Warnung vor al-Qaida-Attacken in Berlin
Fears of terror attack in Germany

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]