忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

参院選公約“書き換え” 年金支払いで自民機関紙
 年金記録紛失問題で自民党は、参院選で配布した「安倍晋三(首相=当時)より、国民の皆さまへ。」と題したビラに、安倍氏の署名つきで「最後のお一人にいたるまで、責任をもって年金をお支払いすることをお約束します」と明記している。

 機関紙の公約末尾にある「全力を尽くす」は努力目標であり、明らかに文言が異なるが、この違いは説明されていない
 言った言わないって議論は僕は関心無いんだけどね、これが国会で扱われていた頃の国会中継はほとんどラジオで聴いていた。

 安倍晋三はもとより、柳沢伯夫も桝添もあの当時の国会での発言を聴く限りでは「可能」だと思ってたんだよ。
しかし、多少でも物を知ってる人間が聞いてればできっこないことは分かってた、それだけのことさな。

 で今回ここに報じられている事件は恥の上塗りであるばかりか納付者に対する「詐害行為」だ罠。
PR
 運送業者の高速料金値下げ案まとめる 自民党の原油高PTによるとさ
 目玉となる運送業者への高速道路料金値下げは、物流コストの上昇は消費者への影響が大きいことから判断した。
ちゅうことなんだがね、こんな言い草はこの問題で運送業界だけを特別扱いする論拠になってねんぢゃね?
そういうこと言うならまず最初に揮発油税はもとより、より一層意味不明の軽油引取税なんとかすべきだろうよ?

 これは全国の橋梁の点検や回収補強が終わる前に超大型車認可したのと同じ流れなんだがさ、今度はいったい誰がいくらもらった?w


過剰米:買い入れ、補正予算で検討…自民幹事長
 自民党の伊吹文明幹事長は25日、秋田市や秋田県大潟村で農協幹部らと懇談し、米価を下支えするため年内に過剰米34万トンを買い入れる政府・与党の緊急対策を踏まえ、買い入れを「(今年度)補正予算で対応するか、検討している」と述べ、早急に取り組む姿勢をアピールした。
 同党は伊吹氏ら四役によるコメや果樹などの産地視察を10日から開始。地方の「1人区」を中心に与党が惨敗した7月の参院選を踏まえ農業重視の姿勢を打ち出す狙いで、農協幹部や農家らとの意見交換を続けている。【堀井恵里子】
毎日新聞 2007年11月25日 21時34分
 ちゅうことはだな、結局ドン百姓が幅をきかせて、羊のようなふつーの都市型サラリーマンだけが昔より一層酷い状態で割を食う、そういう日本になるわけね?
 最初っから書いてるんでくどいことは書きませんが、額賀財務相、辞任を否定 「責任と使命を果たす」によれば額賀財務省が
「財務相として、今、来年度予算編成の作業を行っている。きっちりと責任と使命を果たしていくことが私の仕事だ」
と述べて辞任を否定したんだそうだ。

 こういうスキャンダルが出るたびに思うのは野党の無策で、なんでこういうのを一々予算委員会とか決算委員会でやるんだ?
本来であれば、通常の審議とは別に特別委員会を設けてやりゃいいものなんであって、それをこういう場所でやる、これはつまり野党の敗北主義なんだ罠。

 野党が言うように、本当に国政のことを思っているんであれば、寧ろそうすべきなんだってことを何故誰も言わないのか、これも不思議なんだが、まあそういう不思議の結果としてみんす党が選挙に勝ってしまうんだろう。

 そして、これが一番肝心なんだが、防衛相スキャンダルを本当に解明する気があるなならなんで額賀狙い撃ちなんだ? 普通なら久間狙い撃ちなんだろうが、それをしないのは額賀が現職閣僚であり、現職いじる方が政局化しやすい、こういうことで、綺麗事を言ってみたところで結局党利党略なんだよな。

 気が長くなったというのは多くの人と同じ感想なんだけど、けどだね、いま見せているのは死んだふりだな。
「大連立」って言葉が馬鹿の一つ覚えのように飛び交ってるんだけどさ、狙いは再編、あくまでも政界再編に拘り、今回が最後のチャンスだと思っているようなふしがある。

「解散・総選挙に備え準備を」民主・小沢代表が会合で指示
 民主党の小沢代表は21日夜、小沢氏を支持する若手議員グループ「一新会」が都内の中国料理店で開いた会合に出席し、「衆院選はいつあるか全く予想がつかない。福田首相は衆院解散をやりたがる人ではないと思うが、いつあってもいいように準備してほしい」と述べ、早期の衆院解散・総選挙に備え、準備を急ぐよう指示した。
(2007年11月21日19時39分 読売新聞)


 こりゃ産経新聞の記事タイトルなんだがさ、ツキが有るとか無いとかって問題でもワキが甘いとか甘くないとかって話でもないんじゃない?

 要は他よりド外れて汚れすぎ、そういうことでそ?
 久々にお邪魔して、雨降っても固まらぬ地>民主党読ませていただきましたが、小沢騒乱はまだ終わっちゃいないと思ってます。
これは総選挙の時期が何時かにもよるんでしょうが、火種はしっかり残されているっと。
なんせ代表自身が、自らが代表を務める党には政権担当能力は無いと言っちゃったわけだしぃ。

 今回は信管が動作したのに炸薬が湿っていた、しかし次回は誘爆ちゅうことになるんではないか、こんな風に思います。
なにしろ幹事長が既に
民主党の鳩山由紀夫幹事長は11日、NHKとフジテレビの番組に出演し、自民党との連立に関連し「衆院選後は何が起きるか分からない。万が一、衆参両院とも身動きが取れなくなれば、どういう知恵が必要か(考えなければならない)」と述べ、衆院選後に再び議論されることがあり得るとの見方を示した。(引用元産経iza
なんちゅうこと言ってるわけですからw

 いくら雨が降っても地表に露出してるのは四種類の組成がまったく違う地層なんだから固まりっこありませんて。
アイソスタシーが壊れる時には当たり前のように別物になる、これが民主党の結党以来の定めです。

 今日はあいにくの空模様でしたが、娘と古河庭園~六義園~靖國神社っと歩いて回ってきましたですじゃ。

 古河庭園は季節が悪かったのかも知れませんがパットしないね。
なにしろ、あの日本庭園の中に突然現れるイギリス的なバラ園が奇異ですわ。
hurukawa
 ひるがえって六義園ですが、あそこはまあまあ、少なくとも現存する浜離宮恩賜庭園よりゃ調和はよかったです。

 いまさらこんなに騒ぐような話か?
 遡れば民・自合併なわけで、要するに民主党の中でもまともな奴らってのは眼も意気地もないちゅうことが今回露呈した、それだけのこったろ?

 そして辞任表明なんだが、代表選で何も起きないようなら民主党は社会党の亡霊どもにとうに乗っ取られていた、そういうこと。

(以下2007/11/04の23:48加筆)
 面白半分に法螺吹き婆さんが何を書いたか覗いてみたんだが、やはり期待は裏切らないね。
自分では何も書けないから他者の転載なんだが、この他者がまたひどい。

■2007/11/04 (日) ワンマン不能で気分害したワガママ坊や小沢氏(1)
<<また、放り出した小沢一郎 氏
数日前、私は、小沢一郎は、「高転びに転げ落ちる」と予言したが、当にその通りとなった。
そしてその辞め方も、安倍総理と変わらぬお粗末君であった。
末尾の徳永日本学研究所 代表 徳永圀典って署名がなんともいかめしいんだが、こんなそこいらの素人でも考えつくようなことしか書けないで一体日頃なにを研究しているのやら?

 きっとダメ晋三のトンズラと並べる馬鹿が出てくるとは思ったが割と少なくて、それ書いてる奴は選りすぐりの馬鹿なんだが、考えても見ろ?
ダメ晋三の職場放棄には何も仕掛けがなかったが小沢さんの辞任表明には、考えつくだけで少なくとも二重の仕掛けがある。
よって決して同じではないんだがね。


参照記事
Japan opposition chief to resign
Japan opposition leader offers to resign: media


 黒石市民をとりたてて馬鹿にする気はないけどもさ、これほどチープな発想ちゅうのも憲政史上そんなになかったと思う。
 時の内閣は竹下内閣だったと思うんだけど、剰余金を出さないために一律に金をばらまく、いかにも官僚的なものの考え方。
そして一億円なんちゅう中途半端な金なうえに使途まで制限されりゃもらった方もこまる罠。

 そして今民主党のみならず与党の一部までが言う地域間格差是正の処方とこの竹下の創生事業、キャッチは違うけどボディーコピーは同じなような気がすんのよね。

参照記事
さようなら「純金こけし」 きょう見納め
古賀氏「退路断つ」 衆院選敗北なら議員辞職
6年半ぶりに復権を果たした元幹事長の古賀誠氏が5日、京都市内で講演し、「政治家として退路を断つ」と述べ、次期衆院選で自民、公明両党で過半数を獲得できなければ議員辞職する考えを表明した。
 なんだそうだ。
ではお言葉に甘えて、次回の衆議院選挙に限り自由民主党候補に投票するのを止めると共に身の回りの人間にもそうするよう働きかけるぞ。

 さて、総選挙でもう一つ注目すべきはダメダメ晋ちゃんなんだが。


出馬するのかね?w



古賀誠関連記事
古賀氏、A級戦犯分祀の必要性改めて強調
鳩山兄も「軽率だった」 死刑「自動化」、批判相次ぐ
2007年09月29日10時46分
 鳩山法相が「死刑執行が自動的に進む方法はないのか」と述べたことについて、28日、野党や政府内から批判が相次いだ。
 民主党の細川律夫「次の内閣」法相は「刑事訴訟法が法相の命令を執行の要件としていることへの無理解、法相の職責の重大さについての全くの無自覚を露呈したものだ」と批判。社民党の又市征治幹事長も「法務大臣にあるまじき言動だ。首相の任命責任も含め国会で追及する」と罷免要求も辞さない構えで、臨時国会での論点の一つとなりそうだ。
 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は、弟の法相が「兄と話したところ、『人を殺しても死刑を執行されなければ恐ろしい国になる』と言っていた」と27日に述べたことについて、「死刑の存在は必要ではないか」と法相に電話で伝えたことは明らかにした上で、「弟としてはある意味で多少軽率な発言だった」と話した。
 町村官房長官も、法相が死刑制度の勉強会立ち上げに言及したことについて「ご検討されるのはご自由だが、あまり思いつきでやるのはまずいと思う」と突き放した。
 一方、鳩山法相は、自らの提言を批判していた亀井静香・国民新党代表代行に「人命軽視という考えはまったくない。人間の資格がないとの批判は当たらない」と反論した。死刑廃止議員連盟会長の亀井氏は26日、「人間の命を機械みたいにボタンを入れておけば次から次に殺されていくようなイメージで扱っていいのか。法相の資格もなければ人間の資格もない」と批判した。
 一昔前の改憲論にしてもそうなんだが、議論としてあって良い特定の事項を口にしただけで叩く。
恐ろしいステレオタイプ、言論ファッショだな。

 まあ鳩弟を庇う気もないし、すぐ謝っちゃうようなヘタレではダメ晋三の同類なんだろうから間もなく消えてゆくんだろうがさ。





 誤報のようで出ませんでした。
午前中に待ち合わせがあって新宿の伊勢丹会館まで行ったんだけど途中信濃町の慶應病院の前を通ったら一社だけ中継車が張り付いてた。

 さてizaの「首相、政治空白に陳謝 議員続けるとメッセージ 」によれば
 新しい総裁のリーダーシップの下、国民のための政策を力強く進めていくことを期待致します。わたしも一人の国会議員として力を尽くしてまいる所存であります。
だそうだ。
要するにまだやるということなんだが、このダメ男がお題目のように唱えてきた「美しい日本」というスローガンのなんと虚しいことか。
このバカを総裁・総理に担いだ奴は勿論議員辞職を、ネットの内外で提灯記事を書きまくった安部マンセ~軍団にも筆を折ってもらいたいね。

 さて総裁選ですが、新宿から木場に向かう途中車の中でテレビを見てましたが、思いの外派閥決定を裏切る議員が少ないことに愕然とした。
自由民主党はここまで政治的エネルギーを失っているのか、ショックでした。



 今日もらったTBに、両院議員総会にも出られないなら引退しる!!ちゅうご意見があるんだが、最新報によれば出るそうだよw
でね、思うんだけど、自民党としてはいまうろちょろされたら迷惑なことが起きかねんから座敷牢に入れた、こんな話じゃないのかと思ってる。

 でどうだろう、この先このマザコン・ダメダメ坊やが閣僚とか党の役員で復活することがあり得るだろうか?
それやったら自民党がアウトだろうし、今更ご用済みだから誰も担がないでしょう。

 残るのは議員生命ということだけど、これは山口4区の有権者がどう考えるかという問題であり、一説に拠れば既に後継候補の人選が始まっているという説もある。

 馬鹿馬鹿しくて聞いちゃいられない。
反政府の立場の連中も政府擁護の立場の連中も最初からボタンを掛け違えてると思わない?

 こんなものは国連がどうちゃらこうちゃら言う話ではなく、純然たる国内問題、しかも憲法問題でしかないんだけど、両方ともが民主党と自民党の繰り出す詭弁を出発点にしてるんだな。
 時事のニュースサイトで杉村議員が反発=小泉チルドレンの会合退席-自民総裁選ちゅう記事を見つけた。
 でまあ本文を読んでみたんだが
 小泉チルドレンと呼ばれる自民党の当選1回衆院議員らでつくる選挙塾「新しい風」(会長・武部勤元幹事長)は16日午後、党本部で総裁選対応を協議した。このうち、メンバーの杉村太蔵衆院議員が「(武部氏らの方針に)ついていけない」と途中退席。武部氏は杉村氏に「もう来るな」と怒ったという。
ちゅうことのようだ。

 僕は武部さんに求心力があるとは思えないんで、この「新しい風」ってのが一体どういう背景を持っているのかには多少の興味はある。
そしていよいよ衆議院選挙が不可避な情勢に立ち至ってみるとその興味は更に大きくなるわけなんだが、「新しい風」のサイトに拠ればメンバーは32人いるようで、額面通りに受け止めれば伊吹派、二階派、麻生派、高村派、谷垣派(宏池会)より多く、第5位の派閥ということになるんだが、この中には津島派や山崎派に属している議員もいるわけで、実戦となった場合に動員できるのは多くて20人、そうなると麻生派よりちょっと多いくらい?

 さて、実戦を控えた協議で「ついていけない」と尻をまくられた話ちゅうのは一体どんな話だ?(翌日テレビのニュースを見てたらば、議題は福田康夫氏をグループとして支持するちゅうことだったようで、それにダイゾー君がキレた、案外筋道に拘る男なんだなw)

 総裁選立候補を小泉に求めて軽く一蹴されたこの人達だけど、担ぐ神輿もなくなった、さて...
そう思って杉村 太蔵君のブログまでのぞきに行ってみたんだが8月18日の「熱中症にご注意ください」で更新は止まってる。

 今回発足する内閣はどっちに転んだって敗戦処理内閣だから短命、すれば焦点はその次の首班指名ちゅうことになるんだけど、その時には当然総選挙を伴うわけだから、こいつらはそれまでは待てん、つまり当選できる見込みが少ない奴が多い、そうなれば今回の首班指名ちゅうことになるんだが、なにもできんだろ?
小沢一郎に投票する以外は。(爆
しかし、逆にそれだとタイゾー君が「ついて行けない」と言ったのも解るぞ。

 これについては小泉新党と飯島秘書の辞任
「何が何でも、福田は阻止する」
「仮に福田政権が誕生しても、一気につぶす」
「解散総選挙なんて、なまやさしいものでない。政界をバラバラにする」
「そういう局面になれば、小泉は誰に頼まれなくても、でてくるだろう。小泉ことはオレが一番よくしっている」

 そして、その流れを、「オレがつくる」
 
 ま、飯島さん、そんなところでいかがでしょうか?
という記述があります。
これは今回の政変のさなかに起きた飯島勲氏の小泉秘書辞任に関するエントリーなんですが、一見もっともらしくは聞こえるものの、これが現実化するためには、今回の首班指名でなにかが起きるという但し書きが必要です。
しかしたぶん起きない、そう思いますね。

 ここに書かれているようなムーブメントが起きるためには、民主党にいまある求心力も壊れることが必要ですから。

 どこだったか忘れたけど、どっかのブログに、今回のようなケース、つまり内閣総理大臣が執務不能に陥った場合の権能の補完に関する疑義が書かれていた、というよりも、ダメ晋三がこうなったのに誰も補完的に執務する代行者がいないんじゃ困るちゅうようなことが書かれていたんだが、内閣法にはこういう既定はあるんだな。
第9条 内閣総理大臣に事故のあるとき、又は内閣総理大臣が欠けたときは、その予め指定する国務大臣が、臨時に、内閣総理大臣の職務を行う。 
第10条 主任の国務大臣に事故のあるとき、又は主任の国務大臣が欠けたときは、内閣総理大臣又はその指定する国務大臣が、臨時に、その主任の国務大臣の職務を行う。
 ダメ晋三が辞任会見をした段階では、次期総理が正式に決まるまでは総理大臣として執務する、これがダメ晋三の意向であったわけだ。
そして入院したんだが、その際誰か国務大臣を代行者として指名したのか?あるいは就任時に誰かを指名していたのか?そこは知らないけど、そのブログに書かれていたような「自由民主党幹事長が代行」なんてのは馬鹿げた話で議院内閣制の本旨に反するよね。

 そういうことはさておいて、なんで首班指名選挙を先にやらんのかな?
だってさ、総理大臣が辞職するわけでしょ? 
そしてたまたまそいつが自由民主党の総裁だちゅうだけのことなんだよ。
で自由民主党の総裁を決めなくちゃならんのは自由民主党の事情であり、日本国の事情ではないんだな。

 今の状況はといえば、自由民主党の党内事情のために国政が停滞しかねない状況にあり、その停滞は自由民主党の総裁選挙が終わるまでは解消しない、こんな馬鹿な話なわけだな。
自由民主党総裁=総理大臣になるってのは政権交代が起きなかった時代の慣習であり、極言すればそんなものは自民党のローカルルールなわけよ。

 不思議に民主党はここを言わない。
やはり叩かれる与党の立場よりは叩く野党のお気楽な立場がお気に入りとみえる。





 僕は先週まではここで罵倒するほどにはダメ晋三に腹を立ててはいなかったんだが、羽田に降り立った時の映像を見てから無性に腹が立ちはじめ、入院報道でピークに達してる。

 いったい何だ?
こんな中途半端な病状を細切れ報道して重篤に見せかけ、世論の同情を引こうというのか?
だったら考え違いも甚だしい。
そうではない場合には、総裁選に出馬したダメ晋三自身と昨年の今頃ダメ晋三を担いだ奴等の責任を問いたい。

 たったこれくらいのことで壊れるような柔弱な精神、肉体なら分相応に誰かの陣笠をやってればいいものを、勘違いしたのか舞い上がったのか、総裁選に勝ち国辱を世界に曝した。

 たった安倍家の都合と森派の派内事情で適性も適格もない奴を総理に祭り上げた挙げ句に日本国が世界に大恥をかいているということが解ってるのかね、こいつらは?
そしていまだに安倍を庇う似而非保守や熱湯浴の馬鹿共に?
お前らが国辱なんだよ、まだわからんか?

安倍晋三自慰に関する海外の報道ぶり
アメリカ政府における安倍辞任
自民党後継総裁

 まったく興味がないというのか、今名前の挙がっている誰が成ってもこれから先は自由民主党の滅びの道、そんな気がするから、総裁選自体に意味があるという気がしない。

 ただ一つ言えることは、小泉再登板は絶対にないということね。
既に本人もシンパの要請に対してきっぱりと否定をしたようですが、あの人は今更出るほどの馬鹿じゃないでしょう。
出たってろくなことはないんだから。

 自由民主党はもう歴史的使命を終えた、存在目的すら失った、後は壊れて政界再編が起きることを祈るのみですわ。
 外野の気易さで臨時国会の目玉商品はには
農水族や建設族、運輸族、厚生族なんてのはさ、利権、もっと分かり易くいえば口利き・賄賂の権化みたいなもんだからさ、良いの悪いのはさておいて、そこに綺麗なものもとめるちゅうのもなんだかな。w
ちゅうよなこと書きましたが、早速、しかも臨時国会開会前に辞任の空気が広まってきました。(馬鹿杉

遠藤農相の辞任は不可避 補助金不正受給問題
このハゲなんとなく中本工事に似てね?

 産経の記事遠藤農相の辞任は不可避 共済掛け金問題には
 遠藤農相は、農業基本政策小委員長を務めるなど党内きっての農政通ぶりを評価され、8月の安倍改造内閣で抜擢(ばってき)、初入閣した。
とあるんだけどさ、問題はこの「農政通」ちゅう部分だよね。

 農政通を起用する限り果てしなく狙われますってば、だって綺麗な奴なんかいっこないもんね。(大爆

 でなに?ダメ晋三の任命責任?
う゛ぁか言ってんぢゃね~お!!こりゃダメ晋三の首相適格問題だべ?
こりゃもう史上最悪といわれた宇野内閣以下だぜ。
なお、宇野宗佑はここね。

 さぁ総辞職!!政界再編!!


どうせ総選挙なんだが、この先もっとボロボロになってからよりはましな結果になると思うぞ。




 やはりテロ特措法なんだろうけど、大方の予想通りに農相がやられました。
 まあ農水族や建設族、運輸族、厚生族なんてのはさ、利権、もっと分かり易くいえば口利き・賄賂の権化みたいなもんだからさ、良いの悪いのはさておいて、そこに綺麗なものもとめるちゅうのもなんだかな。w

 問題はダメダメ晋ちゃんなんだが、なんだこの言い草わ!?
 まるで他人事なんだがさ、身体検査やったんだべ?(爆

安倍首相「分かりやすく説明を」 遠藤農相の補助金問題
 安倍晋三首相は1日午後、遠藤武彦農水相が組合長を務める農業共済組合が国の補助金を不正受給していた問題を受けて、「補助金の運用は公正でなければならない。疑問があれば分かりやすく説明しなければならない」と述べた。防災訓練のため訪れていた静岡県伊豆市内で記者団の質問に答えた。


 あまりにも露骨なんでさすがに僕も顔をしかめたんだけど、あとはこの安倍のお面をつけた55年体制内閣がいつまで保つか、こういう事で、その先にあるのは政界再編の可能性。

 小沢一郎のイラク特措法違憲論は当然にそういう狙いを持った発言であり、そうした場合にどこを軸にした政界再編となるのか?

 順当ならば麻生さんという目があったんだけど、これは幹事長就任で消えた、消えたというのは、このままの状況で解散総選挙となった場合には自民党が負けるという意味なんだけど、そうなってくると誰にでもわかる軸がないんだよね。

 またしてもこのおばさんは風を読んだんだろうけど今回は少々無理があったんじゃないの。
 重厚?
物は言いようでじじいを多用しただけのこれと言って新味のない、と言うより先祖帰りの派閥横断内閣、そんでおしまい。
 本論とは関係ないが、閣僚記者会見での朝日と毎日の記者の判で押したような事務所費に関する頭の悪そうな質問には辟易したわけだが、こいつらにとっての時間の大切さに対する感覚というのは、無為徒食の僕よりお粗末だ。

参考資料 27日の国務省定例会見におけるやりとり(応答者ケーシー副報道官)
QUESTION: Just staying in the region. On Japan, the cabinet was reshuffled today and what are your expectations for working with the new Abe government, especially with regards to the Anti-terrorism Special Measures Law?
MR. CASEY: Well, first of all, obviously this is an internal decision of the Japanese Government. We've had very successful and positive working relationship with Prime Minister Abe and his first government. We look forward to working with his new team, including the new Foreign Minister who, of course, has previously served in that capacity and certainly want to see us move forward in cooperation with Japan on the full range of issues in our relationship. That certainly includes counterterrorism. And as you know, we've greatly appreciated the support that Japan has provided in Iraq and elsewhere in terms of its financial contributions to reconstruction and development as well as the deployment of some of its forces and its resupply efforts. Obviously, though, any individual decisions in the future about the nature or extent of Japan's involvement in Iraq or elsewhere are going to be decisions that the government's going to have to make and make in consultation with the parliament. And so I'm certain we'll be continuing to discuss that and work with them. We, again, are grateful -- very grateful for the support Japan has provided in the past. We'd certainly like to see that support continue, but these are individual decisions for the Japanese Government and for other governments to make.
QUESTION: And just to follow up. If the opposition party does block the extension of the Special Measures Law, has the U.S. already started discussion as how to contain the impact of that and what other measures you might --
MR. CASEY: Well, again, I don't think I want to try and speculate on what the Japanese parliament might or might not decide. This is obviously an issue for debate in Japan. We look forward to seeing that debate conclude and Japan make its decisions about how it wishes to proceed. Certainly, we will be in discussion with all members of the coalition in Iraq as well as other interested countries to make sure that we're doing everything we can to help the Iraqis provide for the security needs of their country as well as help push the process of political reform and reconstruction as well. Yeah, let's go over here.



小池防衛相、続投希望せず「責任を取りたい」
 小池百合子防衛相は24日、ニューデリーで同行記者団に、イージス艦中枢情報流出事件に触れ「防衛省内で誰も責任を取っていない。私は責任を取りたい。新しい大臣にバトンタッチしたい」と述べ、内閣改造では続投を希望しない意向を示した。(共同)
 責任をとりたいというからなんの責任かと思った。
これまで書いてきたように、次官問題がトラブッた責任は防衛省事務方と内閣官房、官邸にあるというのが僕の理解だから、これで小池が自らの「責任」を云々するというのは些か筋違いな話だと思ったら、もっと筋目が外れて機密漏洩の責任だと!?(大爆

 これは笑いどころでしょ。
まあなんでもいい、とりあえずはポイントゲットはやったっと、でもうこの船は下りて次の船に乗ろう、そういうことでんな。


安倍晋三ますますおわた!!

 さて、明日の楽しみは、「防衛相事務次官狂騒曲に踊る馬鹿 」で取り上げたドイツ在住で自称ジャーナリストの婆様が何を書くかだが、まあそれも、これまで通り180度ずつ回転しておしまいというオチのような気がする。
こういう場合に読者の意表を突く意外性を示せるオツムは婆さんにはないもんなぁ。(大藁

以下25日加筆

 さて、その明日になっちゃいますた。
しかし婆さんのところは沈黙中、恐らくこれはお仲間の似而非保守や熱湯浴の意見が出そろうのを待っているのかと思われ...
そんな中産経に最新の記事「小池防衛相「党の一兵卒」 入閣しない意向示唆」が上がったのですが、その中に
成田空港で記者団に「自民党の一兵卒として安倍晋三首相を支える立場で働きたい」と述べた。防衛相以外の閣僚としても入閣しない意向を示したものとみられる。
という記述があり、これでますます小池百合子が安倍政権には関わりたくないという本音が明確になっちゃいますた。

 それにしてもこの手口は「お水」も真っ青でんな。

動画ニュース

 報告書案では、参院選惨敗は年金記録紛失問題、政治とカネ問題、閣僚の失言の「3点セット」で「国民の目線との間にずれが生じていた」と政権の危機管理能力の欠如を指摘。都市と地方の格差への政策が不十分だったことや、市町村合併に伴い保守系の地方議員が減少したことも敗因に挙げ、地方組織の立て直しや広報戦略の強化など今後の選挙戦略の見直しを求めている。

 この日の委員会では、「政権の危機管理能力の欠如」との表現について、出席者から「さらに突っ込んだ記述が必要だ」との意見が出され、23日の委員会でさらに検討することになった。
 なるほど。
しかし「突っ込んだ記述」というのもなんとも漠然としているぞ。
どうせ書くなら

「やっぱぼんくらぢゃむりぽ!!」

と書けばいいぢゃないのよ。

参照記事
自民が「政権の危機管理能力、欠如…」報告書案
自・民大連立、中川氏「検討に値する」 鳩山氏は否定
 自民党の中川秀直幹事長は21日の記者会見で、参院選の結果を受けて一部の学者らが提案している自民、民主両党の「大連立」に関して「よりよい日本をつくるための改革を考えて与野党が歩み寄ることが(参院選の)民意に応える道だ。謙虚に考えるべきだ」と述べ、検討に値するとの認識を述べた。
 そういう話があることは知ってたけどさ、党利党略でこういういい加減なことをいって欲しくはないし、そういう無定見な連立がどういう事態を生むかは自社さ連立をし、近くはドイツの大連立を見れば明らかだと思う。

 これやれば民主党は存在意味をいまより失って壊れる、よって民主党側が否定をするのは予想の範囲なんだけど、自民党側からこういう話が出るのは全くの党利党略で、ある期間の国政が停滞するリスクよりも民主党を破壊する方を選択するということだろ?

 いい加減にしろ!!と言いたい。


HOMENext ≫
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]