忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

靖国問題で李登輝氏「日本の政治、あまりに弱かった」
2007年06月09日13時30分
 来日している台湾の李登輝前総統は9日、東京都内で記者会見に応じ、靖国神社参拝について「亡兄を鎮魂する個人的行為」と強調したうえで、中国などからの靖国参拝批判に対して「日本の政治はあまりにも弱かったと信じている」と語った。
 李氏は「靖国神社問題は中国大陸やコリア(朝鮮半島)で、自国内の問題の処理ができないため(批判をそらす狙いで)作り上げられた」と指摘。「国のために亡くなった人への鎮魂を外国政府に批判される理由は何もない」と強調した。


 朝日新聞がこういう報じ方をする真意は、李登輝さんの発言が政治的発言であることをクローズアップするところにあると思うんだが、これは李さんがどうことわろうと政治的発言でしょう。w

 けどだからなに? 当たり前のこと言ってるだけぢゃん。

 そしてこういう問題かを狙って引用の仕方をする朝日も朝日なんだが、李さんのこの発言を承けて「李登輝もこう言っている。」と自説の補強に使う人がいるとすればそりゃ終わってるよ。

 同じことを歪曲記事で問題になった産経新聞・古森さんのブログが連載しているチャールズ・ケイディス会見録に関しても思うんだが、これではまったく日本国民とは主体無き国民であり主権無き国民ということになるだろうよ?



PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]