忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

標識の意味間違え、違反処理=11人に反則切符-富山県警
 富山県警は3日、車両横断禁止規制標識の意味を間違え、実際には違反のない運転手11人に交通反則切符を切っていたと発表した。当事者にはすでに謝罪し、7人の交通反則切符はすでに回収。反則金を仮納付した4名には反則金を返還する手続きを取っている。
 交通指導課によると、港湾地区特別捜査隊の警部補(55)らは1日午後4時15分から同5時すぎにかけ、射水市内の交差点で、設置されていた車両横断禁止規制標識の意味を、信号のある交差点以外での右折がすべて違反に当たると取り違え、右折した車両11台を違反として処理した。
 同警部補が翌日、処理に疑問を持ったため、交通指導課に問い合わせし、誤りが判明した。


 疑問を持って問い合わせをしたことは一見マトモに見えるんだけど、そんなことも知らない奴が警部補やってるちゅうことに驚いた。

 そして同じように、違反扱いにされた連中が抗弁した形跡がないのにも驚いた。

 要するに交通法規や標識の意味も知らない奴が免許を持って走り回り同じような奴等が取り締まりをやっていると。

 なんとも不思議な法治国家だ。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]