忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 それにしてもなんとも芸のない訳なんだが、この口蹄疫が一昨日からイギリスでひさびさの大騒ぎになっている。

 そもそもの発端は、3日にロンドンの近くのサリー州というところ(実際そこがどこはは俺は知らんぞ)で口蹄疫に感染した牛がめっかった、こういうことですが、なんでそれが大騒ぎになっているかといえば、どうも病原菌のでどころがPirbright laboratoryちゅう研究所らしいちゅうことのようでんな。(爆

 なんでそういう疑念が湧いたかというと、この牛の持ってる菌が、通常動物からはめっからない菌で、その研究所がワクチン生産に使っている株と非常に近いということかららしい。
The strain is not one normally found in animals but is used in vaccine production and in diagnostic laboratories.
In a statement Defra said:"The present indications are that this strain is a 01 BFS67-like virus, isolated in the 1967 foot-and-mouth disease outbreak in Great Britain."The strain was used in a vaccine batch manufactured last month by a private pharmaceutical company Merial Animal Health.The firm shares Pirbright with the government's Institute for Animal Health (IAH), which conducts research into foot-and-mouth and where the strain is also present.Merial voluntarily halted vaccine production as a precaution.

為念、既に農水相は対応は終わったようです。

参照記事
Lab leak fears over Britain's foot and mouth outbreak
Foot-and-mouth strain identified
Foot-and-mouth disease found in UK
Britain probes research labs after disease outbreak


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]