忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 やはりこれはユダヤロビーなんだろうけども、イギリスからしきりにいろんなことが発信されてます。
そして狙い所は近く始まる6カ国協議とそれに先行する米朝協議、とりわけテロ支援国家リストから北朝鮮を除外させるかさせないか、そういうことだと思います。

 先週はイスラエルの攻撃機がシリアの核関連施設を強襲したというニュースが報じられたんですが、その直前には、韓国船に偽装した北朝鮮の貨物船がシリアのTartous港に入港し正体不明のコンテナを荷揚げして出港したが、その後の足取りが追えない、つまり偽装されていたから追えないちゅうことですが、しかしこの偽装は北朝鮮の船がスエズを通場合には恒常的に行われていると。
そしてその荷揚げから3日後にイスラエルのF-15Iが関連施設を強襲した、これを報じたはTelegraphですからイギリスの媒体

 そして今回もイギリスの媒体Sunday Timesが、実はその直前、つまり強襲空爆の直前ですが、にイスラエルの特殊部隊がその施設を強襲して、北朝鮮がシリアに大量破壊兵器あるいは核関連資源を提供した証拠を入手していた、こんな話を報じてます。
それに関連する記事を色々とあたってみたら、やはり16日のSunday Timesの記事に、ここに至るまでの北朝鮮とシリアの核と化学兵器、細菌兵器に関する連携の動向がかなり具体的に示されており、全体としては「それみろ!!ボルトンが警告した通りぢゃんかよ!!」ってな感じの国務省の対朝鮮前のめり非難なんですが、イスラエル側から行われているのであろうこのキャンペーンの真偽はさておき、拉致問題を独力解決できっこない我が国としては歓迎すべき流れではあります。

 さて問題のアメリカ国務省ですが...
余程に北朝鮮と妥協を急ぎたいようで、ほとんど見えないふり、聞こえないふりですね。

 このイスラエルの一連のシリア攻撃に関してはアメリカ政府も了承していたという報道があるんですが、それにはノーコメント。
ちなみにAFPの記事に拠ればライスは
Despite the apparent nuclear proliferation concerns, Rice noted progress in the six-party talks based on a February 13 agreement under which North Korea agreed to end its nuclear weapons program in return for energy aid and diplomatic and security guarantees. Rice said Pyongyang had provided "very good access" to the experts. US top nuclear negotiator Christopher Hill had said that participants in the six-party talks would seek to devise and adopt a "work plan" for Pyongyang to declare and disable its entire nuclear arsenal.
ちゅうようなことを言ってます。

 また、これを伝える共同電を産経が転載してますが、その中にこんな記述がある。
 北朝鮮や中国の外交筋によると、イスラエルの攻撃で、核関連物質の運搬などにかかわった北朝鮮の人員ら数人が死亡。複数のシリア当局者が先週、対策を協議するため平壌入りしたという。
 Sunday Timesの関連記事に似たような記述はありますが、しかしこの事態は今回のイスラエルの強襲による事態ではなく、2004年4月22日に起きたリョンチョン鉄道爆発事件で爆発した列車にシリアの要員が乗車していた、そしてその処理に核防護服を着た部隊があたっていた、これに関する記述を他の同紙の記述
Diplomats in Pyongyang have said they believe reports that about a dozen Syrian technicians were killed in a massive explosion and railway crash in North Korea on April 22, 2004. Teams of military personnel wearing protective suits were seen removing debris from the section of the train in which the Syrians were travelling, according to a report quoting military sources that appeared in a Japanese newspaper. Their bodies were flown home by a Syrian military cargo plane that was spotted shortly after the explosion at Pyongyang airport.
とデタラメにつなぎ合わせてでっち上げた記述なんでしょうね、だってどこ探しても他紙にはこれと同じ観測情報無いもの。
ちゅうことは共同にもユダヤの工作が効いているってことか?(爆


参照記事
NKorea must be open about nuclear program:Rice
Snatched: Israeli commandos 'nuclear' raid
A tale of two dictatorships: The links between North Korea and Syria

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]