忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 日本ではまだ話題になっていませんが、一昨日あたりからReutersを皮切りにしきりに話題になってます。
 発端は中国の国営テレビの報道らしいんですが、河南省と山西省の煉瓦工場の実態が暴露された。

Freed slave-workers


そしてそこには千人に上るといわれる未成年が誘拐→人身売買(たった8000円弱で売られたらしい)の犠牲となって奴隷的労働を強いられていた、こんな話なんですが、何故この事件の発覚が遅れたかというと、工場経営者から省の役人が賄賂を取って揉み消しをはかっていたからだそうで、中を読むと酷いもんです。

 逃亡防止のために猛犬に見張らせていたとか日常的に鞭で殴打されていたとか、殴りすぎて死んじゃった奴は敷地内にこっそり埋葬するとか、女工哀史と言うかタコ部屋というか、彷彿とさせるような内容であり、中韓を叩いていれば愛国だと思っている諸兄には絶好の美味しいネタだと思うんですが、何故か騒ぎません。
やっぱ熱湯浴はバカなんでしょうか?

参考記事
China brickwork slave children may number 1,000
China 'will catch slave owners'
China promises action on slave labour claims
Reports of Forced Labor Unsettle China
Another 80 slave laborers rescued in China
China Reports 548 Slave Laborers Freed
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]