忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「サルコジ氏、圧力に屈せず 仏交通スト終結へ」によればフランスの公共交通機関ストが終結するようだ。
 これはフランスでは歴史の長い問題で、まだ蒸気機関車が走ってた頃の年金支給に関する恩恵が既得権としていまだに残されている、財政改革の一環としてその不公平を是正しようちゅうような話なんだが、前任のシラクはストで脅されてコケてしまった。
しかしサルコジは一切の話し合いをしないままに頑張り通し、国民もそのサルコジの姿勢を支持した。

 今回のポイントの一つは交通ストに反対する市民の大規模なデモまでが起きたということ、誰も公務員労組なんか支持しね~ぞって国民の意思が露わにされたことで、そういう国民的な支持の下にサルコジはなんとか最初の関門を潜り抜けそうだ、こういうことかと思います、さて、同じような状況にあるのがドイツですが、大連立の結果として獅子心中の虫SPDを抱え、ミュンテフェリングを失ったメルケルはこうは上手くいかんでしょう。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]