忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伏見でヌートリア、カミツキガメを相次ぎ捕獲

 京都の伏見の住宅地にヌートリアが出現したらしい。
 実は僕もこの団体に遭遇したことがあるのだ。
時は平成元年か2年、所は岐阜県の各務原市というところ。

 真夜中に名鉄の踏切のあたりを走っていたんだが、暗闇になんだか人影がうごめいている。

 元々各務原市というところは治安の悪いところで不良も多いようだが、真夜中の一時や二時に小学生が群れで遊んでいるなんてのはとんでもねからなっと思いながら近づいてったらば違った。

 なんだかネズミ、というよりモルモットのでかいような奴が道の真ん中で集会やってるんだな。
こいつらなにか会話してるわけでもなんでもなく、ただ突っ立ってお互いを見つめ合ってるんだが、人でないだけになんだか薄気味が悪かった。

 そして当時まだ僕はヌートリアなんてものを知らなかったし、そんなものが日本のしかもド田舎に徒党を組んでいるはずなどないと思ったからとりあえず動物図鑑を引っ張り出して探してみたらばヌートリアと書いてあった。そんな次第だ。

 で後日、この地域に古くから住んでいるという人をつかまえてこの夜の体験を話したんだが、どうも大戦中の食糧難対策で持ち込まれた、要するに肉用ね、その生き残りが蔓延っちゃった、こんなことのようだ。

 しかしそんな僕も流石に噛みつき亀には遭遇したことはない。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]