忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 NPOが建てた自殺抑止の立て看板に撤去命令が出たそうで、その理由が「無許可」なんだそうだ。

 僕は現場に行ってないので既に撤去されたのかあるいは、話し合いが付いてまだ建っているのか、そこは分からないが、所轄に拠れば年間の自殺遺体発見数はコンスタントに100に届くそうで、近年多いのが多重債務者だそうだ。
でこの立て看板は、多重債務者に対する呼びかけを内容とするんだな。

 僕の立場を最初にはっきりしておくと、「死にたい奴は死んでしまえ。」であり、これを譲る気は一切ない。
そんな僕から見てもこの事件は馬鹿げてるんだな。

 山梨県と河口湖町の立場は公式には「脱・青木ヶ原=自殺の名所」であり、このNPOの活動はそのスローガンに合致するんだから、もう少し弾力的な条例の運用考えろっての。
サラ金やピンサロの看板とは違うだろが?

 それにしても年間少なく見ても100人も自殺するのに、なんで僕が入る時には遺体に遭遇しないのか、不思議すぎる。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]