忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 色々言われる小沢一郎ですが、僕は小沢氏の魂胆がどこにあるとしても、小沢氏の立場を支持するね。
もっと言えば、これを、アメリカが「2006年国務省年次報告」出した瞬間に政府にやって欲しかった。

 早速WASPの片割れイギリスからも小沢発言にはブーイングが起きているようですが、そのイギリスもイラクからの撤兵を模索中。
イギリスは迂闊にも既にオーストラリアのハワードに先を越され、オーストラリアは来年早々の撤兵を具体的に検討しているとか、ここで日本にまで先を越された場合にはいわゆる「引き際」ってものが無くなっちゃうから必死でしょう。
 これはアフガンについても同じでさ、NATO軍なんて全然やる気なし。

 大義名分とは掲げる物であって信じる物ではないってことだと思うし、国益を考える場合には、今は媚米を隅っこに押しやっておく時だと思う。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]