忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 二十余年前に離婚した妻と結婚記念日でもあるまいにと思われる人は多いかもしれんけどさ、僕達は離婚以来毎年結婚記念日のお祝いをしとるのだよねw

 ここ数年はお互いの日程が上手くかみ合わずに十一月二十三日きっちりには出来なくなっているけども、必ずその年の内にはやっており、確か昨年はクリスマスイブかクリスマスにやったんだが今年は二日遅れでなんとかなった。

 お互い横浜の人間ってこともあって場所は横浜か葉山になることが多いんだが、今年は彼女が仕事でよく使う横浜の店で場所を空けてもらった。
飯を食い終わってから元町をぶらぶらしてたらば彼女の方から「海保の工作船見に行こう。」って話が出、そういえば僕も工作船が船の科学館にある間は見に行けてなかったので、元町から二人して新港の海保のまでテコテコ歩いていった。

 場所はいまをときめく赤レンガ倉庫の隣で、これを目的で行くのであれば桜木町がいっちゃん近いと思うんだが、やっぱね、この辺りちゅうのは僕ら元夫婦にとっちゃ思いでてんこ盛りの場所なんでね。
山下公園のウミネコをからかいながら公園通り伝いに歩いていったんだが、あそこの銀杏は来週あたりが見頃だね。

 さて、金を取られるものと思って建物に入っていったんだけど無料だぞ!!



ただね、よくを言うなら工作船の船体ぎりぎりの大きさの建屋なんで工作母船の船体が収まりきる写真のとりようがない。
当時のテレビ映像を見て思っていたよりゃ遙かにでかくて全長が29.68m、弾痕が生々しいんだが、よくもまぁこんなポンコツでちゅうよなポンコツだな。



 ポンコツではあるんだが、そこに陳列されている火器を見る限りでは立派に武装と言えるほどの物だと思う。



 北朝鮮は、少なくとも害意を持って我が国の主権の及ぶ範囲にしばしば侵入してきている、そういうことをかなりリアリティーを持って感じることが出来るんで、たとえばみなとみらいにでも行くようなことがあれば是非、横浜駅からだって歩こうと思えばそうしんどい思いをせずに行けるんで一回は観ておくべきだと思うよ。

参考資料
200.12.22工作船事件とは?(海上保安庁配布ドキュメント抜粋  



PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]