忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 その日を忘れちゃいかんと言うから広島・長崎への原爆投下の日のことかと思ったらそうじゃないようだ。

 コラムの紹介者はクライン孝子コラムは産経新聞なんだが、底の浅いインチキ右翼媚米似而非保守の旗手産経新聞はほんとに良いコンビだよな。
■2007/11/06 (火) その日を私たちは、忘れてはならない。
【やばいぞ日本】第4部 忘れてしまったもの(1-4)一片のパン「幼いマリコに」
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071106/edc0711060344001-n1.htm
産経のサイトまで行って中身を覗いてみたらさ、忘れちゃならんのは進駐軍のアメリカ兵に食い物をめぐんでもらったことだとよ。(大爆

 日頃洗脳だの工作だのと喚き立てている本人が、実はこうまで完璧にアメリカに洗脳されているど阿呆だちゅう実に解りやすい事例なんだが、それともなにか?
戦後日本に家畜の餌を食料として恵んだことでアメリカ自身の言うところの「人道」にもとる核爆弾で数多の非戦闘員を焼き殺し、後遺症の苦しみを背負わせたことや、主要都市に焼き尽くすことを目的とした絨毯爆撃をやった罪が濯がれるとでも言う気か?

 腹痛すぎ!!



PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]