忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「原爆投下しょうがない」 久間防衛相が講演
 久間章生防衛相は30日、千葉県柏市の麗沢大で講演し、先の大戦での米国の原爆投下について「長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。それに対して米国を恨むつもりはない」と述べた。
 米国が旧ソ連の日本への参戦を食い止めるため原爆を投下した側面があるとの見方を示し「日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とし、終戦になった。幸い北海道が占領されずに済んだが、間違うと北海道がソ連に取られてしまった」と指摘。
 また「勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るということも頭に入れながら考えなければいけない」と述べた。
2007/06/30 13:37 【共同通信】


 嘆かわしいなぁ、これが現職閣僚、しかも初代防衛大臣の発言だぞ。

 ポツダム宣言が1945年7月26日。
 広島への原爆投下が8月6。
 長崎への原爆投下が8月9日。
 ソ連の越境が8月9日。

 一体どこに国際法違反の原爆を使う必要があった?
ましてやマンハッタン計画は対独戦用だったのが、ドイツが先に降伏しちゃったんで持って行き場が無くなって日本に使った。
そこには諸説有るんだけれども、設立の直接の目的を失ったロスアラモスの延命目的としての対ソ脅威論であったり終戦後のソ連に対する予防的牽制だったりすると言われるんだけど、そこには日本のためなんて話はどこにもないし、ましてや受諾後のソ連の南進にアメリカはある時期までは見て見ぬふりしてたじゃねぇか。

 イラク侵攻に関してアメリカを批判しておきながらかんじんなところではアメ公の代弁か?
お前のような奴は長崎で村会議員でもやっているのがお似合いだぞ。

 ところで、
選挙区で同じ発言やってみちゃどうよ?

関連記事
AP電で世界に伝わってしまった久間のバカ発言>国辱野郎!!辞任しる!!

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]