忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 自民党内の問題としてはこれは当然と言えるんでしょう。
しかしこの大敗が何故の大敗かということに関しては、幹事長の首をすげ替えたからどうこうって問題ではないと思うね。

 安倍晋三という人物が自由民主党の総裁として適格であるか、あるいは内閣総理大臣として適格であるのか?
そういう適格に関しては恐らく自由民主党の中でも共通の認識として「不的確」があったと思うんだが、それを敢えて神輿として担いでおきながら、当然予測された事態に対するケアは何もしてこなかった。

 大衆迎合を良しとはしないけれども、政治という市場があるとすれば、そこにいるのは大衆なんであって、そこを全く無視して民主党に付け入られたのが今回の参議院選挙、投票した人が民主党になにかを期待したかといえば全然そんなことではなく、安倍では、自民党ではダメだという漠とした空気に押し流された、たったそれだけで、恐らくこの人達は、まかり間違って民主党が衆議院でも第1党になるようなことがあり、政権が渡るようなことになった場合、たちどころに「民主党ではダメだ」っと、結果を見なくても明らかであるはずの結果に対して、これまた風に従って自民党に投票する人達だと思う。

 さて、安倍総理は続投表明したけどさ、この先このざまで一体なにをやる気だ?
やはり総辞職でしょう。
今なら民主党は選挙に勝っちゃって体制を変える機会を失った瞬間だから付け入ることができるぞ。

 100年の大計を考える場合には、そこで政界再編が起きるのがベストだと思う。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]