忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

亀井静香国民新党代表代行の麻生大臣訪問について

平成19年7月5日
1.7月5日(木曜日)、午前10時より約20分間、大臣室にて、麻生大臣は亀井静香国民新党代表代行の訪問を受けた。
2.その際、亀井代表代行より、フジモリ元ペルー大統領が国民新党より参議院議員選挙に出馬するにあたり、選挙活動が出来るようにチリ政府と話して頂きたいとの要請があった。
これに対し、麻生大臣より、現在、チリにおいて、司法手続きが行われており、政府としては、今後とも、チリの司法手続きの進展を見守る考えである旨応答した。


 麻生さんは「やなこった」と答えたということですね。
 フジモリさんに対して個人的にどうこうはないけど、どうもこの人の周りは胡散臭い。

 チリ脱出後の日本滞在中は「戸締まり用心火の用心」の庇護下にあったわけだし、国民新党入りは亀井静香だろ?怪しすぎる。
そしてなにより亀井静香に聞きたいのは、ペルーでは大統領の二重国籍禁止条項その他様々な法律を犯したフジモリさんと日本国および日本国民の利益にどういう連関があって国民新党から出馬させるのか?ということと、フジモリさん自身が、自己の保身以外で日本国の国会議員となって日本のためになにをする意志があるのか?

 簡単に言っちゃえば「日本の国政を愚弄すんぢゃねぇよ!!」ってことですがね。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]