忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 なんとも都合の良い天皇陛下の政治利用なんだけど、こういうのになんとも思わんのかな、普通の左翼は?

 そしてこういう話が出るたびに思うことがある。
こういう話が事実であるとしてもだな、入江さんにしても徳川さんにしても陛下の側近中の側近だったわけだが、そういう側近に陛下が心情を吐露されたとして、それを軽々しく人に話すのが側近の務めか?
側近のあるべき姿か?

 片一方では陛下の戦争責任を云々するような奴等が、こういう時にだけ「実は陛下の真意は..」と持ち出す。
これは戦前の立憲君主制に照らしても戦後の天皇制に照らしても極めて矛盾したことだと思うし、重ねていえば、これは皇室あるいは陛下の政治利用だちゅうことだよ。

参照記事
A級戦犯合祀:昭和天皇が懸念 元侍従長が歌人に語る
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 精神文化の危機
A級合祀「靖国の性格変わる」 昭和天皇が側近に(asahi.com)2007年08月04日06時08分
URL 2007/08/05(Sun)11:57
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]