忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

制服警官抱きつく 公務中、女性宅訪問 道警非公表 札幌(07/10 12:02)
 札幌西署地域課の五十代の男性警部補が六月、公務中に拳銃や警棒を所持した制服姿で札幌市西区のアパートに一人で住む四十代の女性宅を訪れてこの女性に抱きつき、体を触るなどしていたことが十日までに、分かった。警部補の行為は特別公務員暴行陵虐や強制わいせつの罪にあたる可能性が高いが、警部補は女性に数百万円の金銭を支払い示談が成立している。道警は示談の内容を把握しているが、これまで公表していない。

 道警などによると、警部補は札幌市西区の交番に勤務。以前からパトロールの最中などに女性宅を数回訪問し、知り合いになっていたという。

中略

 だが、被害届などの手続きが行われないまま七月上旬、警部補の代理人の弁護士が女性宅を訪れ、数百万円の金銭による示談を持ちかけ、女性もこれに応じた。示談書には、《1》被害届などを出さない《2》内容を公表しない-など、口止めとも受け取れる条件が含まれていた。

中略

 道警監察官室は十日午前、報道陣の取材に対し、「警部補が女性に抱きついたのは、悩みごとで不安になった女性に安心感を与えるためで、職務執行の一環。性的な目的などはなかった」と説明し、女性が抵抗したかどうかなど詳細については「調査中」とした。また、「警部補が個人で示談交渉を行っているのは知っているが、結果は聞いていない」とも述べた。


 ははは、馬鹿な野郎だ。
それにしても記者会見の監察のセリフが道警のズレ具合を一番象徴してんな。w
安心感を与えるためといえば女性に抱きついている色やっても職務行為、さて皆さんどう思われます?

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]