忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【大変だ!】金属盗、原発まで 配管4本盗難1200万円相当
 日本原子力発電の敦賀原発(福井県敦賀市)で、敷地の倉庫に保管していた未使用のステンレス製配管4本(計約1・4トン)がなくなっていたことが14日、分かった。日本原電は4日、敦賀署に被害届を提出、同署は窃盗の疑いで調べている。

 日本原電によると、配管は長さ6メートル、直径約16~27センチで、計1200万円相当。平成17年3月から木製の箱に入れて保管していた。

 倉庫は警備員が監視する正面ゲートの奥にあり、放射線管理区域の外。平日の午前8時から午後5時は委託業者が常駐し、資材の搬出や搬入を管理、夜間と休日は施錠していた。

 今年2月の点検で確認したが、5月18日、配管を加工するために作業員が取りに行くと、なくなっていた。出入りする協力会社が誤って持ち出していないかなど、日本原電が調査したが、見つかっていない。

 4本のうち3本は敦賀原発2号機の余熱除去系配管で、今秋の定期検査で交換を予定。1本は同機1次冷却系配管の予備だった。

 日本原電は「管理は厳重にしているが、所在が確認できていないのは事実。使用予定まで時間があり、運転への影響はない」としている。


 この記事は切り口違うと思う。
 敦賀原発も美浜原発ももんじゅも中に入ったことがあるから様子はよく知っているけど、一見の奴が入り込んで何かできるという環境ではないから、常駐の系列工事会社の下請けの職人あたりが盗み出して売っちゃった、こういうことだと思う。

 問題なのはSASの管材が盗難にあったということではなく、資材倉庫の管理を外部の人間である常駐がやっているということで、管材以外も盗み出される可能性があるってことだわな。

 某電力の火発を尋ねた時にそこの保全責任者に聞いた話では、某反
政府勢力の細胞が入り込んでて、そいつらのいるところでは迂闊な話は出来ないという実態があるようで、これはおそらく原発についても同じことだと思う。

 今回の事件に限っては、決して中国人を笑えないちんけな窃盗事件だと思うけれども、国家の安全上重要な施設の保安はもう少し考えなきゃ20年前と同じってわけにはいかんでしょ。

 それにしてもやったやつらも目のない奴で、SASのスクラップ価格なんて今ニッケルの暴落に引っ張られて暴落してるんだけどね。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]