忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 食品不祥事はとどまるところを知らない感じだな。
 三重県は全滅、名古屋では納屋橋饅頭、大阪では吉兆。

船場吉兆本店も偽装 農水省が改善指示
 高級料亭吉兆グループの船場吉兆(大阪市)が消費期限や賞味期限のラベルを張り替えていた問題で、大阪市中央区の本店も九州産の牛肉を「但馬牛」とするなど産地や原材料を偽装していたことが9日、農林水産省の調べで分かった。
 農水省は同日、日本農林規格(JAS)法に基づき、食品の品質を適正に表示するよう船場吉兆に改善を指示。12月10日までの報告を求めた。
 これを受け船場吉兆は大阪市内で記者会見し、湯木正徳社長、湯木尚治取締役の辞任と、菓子類販売からの撤退などを発表した。
 農水省によると、本店で3月から10月に販売した3つの商品に佐賀県産や鹿児島県産の牛肉を使いながら「但馬牛こがねみそ漬」と表示。本店と心斎橋店(大阪市)などでは少なくとも2004年ごろから「地鶏こがねみそ漬」と「地鶏すき焼き」の原材料にブロイラーを使用していた。
 菓子類では、福岡市の百貨店「岩田屋」の「船場吉兆天神フードパーク」で販売した「栗の甘煮」など7商品が117-5日賞味期限を超過、「桜ゼリー」など5商品で17-1日間の消費期限超過が判明。
2007/11/09 23:32 【共同通信】
 比内鶏は燻製だし吉兆も味噌漬け。
生じゃなければわかりっこない、こういうことなんだろうけど、こういうのってブランド信仰の逆方向の悪弊だと思うぞ。
自分の舌よりブランドを信じるちゅうか、旨けりゃなんでも良いじゃんか。

 で思い出すのが行列の出来る店に馬鹿面して列んでる連中なんだが、やっぱなんにでも引っかかるんだろうな、この手の連中は。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 船場吉兆のひどさには驚くばかり:昨日ボージョレの解禁日
昨日はボージョレの解禁日。 ボージョレ・ヌーボー:解禁 価格上昇、味は上々  先日の記事を書いたときには それほどえもないことを言っておりました。  ところが、今年は大違い。  知人の女性
URL 2007/11/16(Fri)17:11
» 船場吉兆の不祥事に思うこと
船場吉兆の不祥事 船場吉兆の不祥事、やっぱりというか、経営トップらの指示で偽装していました。 しかも、たちが悪いのは責任をパートさんに押し付けていた事。いわゆるトカゲの尻尾きりですね。 神奈川新聞の記事によると、船場吉兆の取締役はそのパートさんに ...
URL 2007/11/16(Fri)18:29
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]