忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 国務相での会見におけるロバート・ジョセフ氏の広島・長崎に対する原爆投下に関する見解は既にご紹介しました。
でも以後のネット内を見ていると、弾撃つ先がまったく解っていないままで怒っている人が多いんで注釈しておきますが、あれは「ロバート・ジョセフの個人的見解」なんかではないんですね。

 戦争終結直後からのアメリカのプロパガンダそのままなのであり、それは、我が国内のすべてのマスコミを統制・検閲しながら日本国民に対して行われたウォー・ギルト・インフォメーションの内容そのまんまだということ。
すなわちこれは「アメリカ」および「アメリカ政府」の立場であるということです。

 アメリカは
俺たちは正しい、原爆を実験的に使用した相手は「Human」ではなく「Creature」だ!!
と言いきっているんです。
これを解釈すれば、だから人道問題はあり得ない、こういうことになるのですが?

 ちなみに「これだからアメリカは嫌いなんだよっ! 」を書いた人はそういう理屈の上で物を言っているようです。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]