忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ここんところサーチエンジン経由でとんでくるアクセスは「旧宮家復籍キャンペーン」ってキーワードである場合が圧倒的に多い。
それほどの世の中に知れ渡ったということなんだろうがさ、僕にとって不思議なのは、たかだかフラッシュ造るのになんで浄財を求めたかってことね。

 そりゃたしかに自作ではたいしてみばの良いものはできないだろうけど、プロに頼んだってそんな大して金かからんぞ。
そしてネット内に長く生息してればフラッシュ書きやソース書きの一人や二人知り合いはいるだろう?

 そういう風に考えれば、少なくともフラッシュ作るくらいでは多寡の知れた金額であり、綺麗事を言うのであれば身銭を切る、それが「美しい日本」の心なわけだ。

 でありながら金振り込んだ人がいるとすれば、そりゃ振り込んだ奴もじゅうぶんアホだろ?
これが僕が最初から書いている理屈ね。
そしてその思いはいまも変わらない。

 ただもう一つの問題として、自ら「皇室オタク」を僭称していたような人物が、ネット内でこれだけの騒ぎになっていながら、なんの釈明もしない、これは問題だろ?

 僕はこれが詐欺事件であるかどうかは知らないしその真相には興味もない。
それは何故かと言えば、これまで書いてきたように、仮にこれが詐欺だとしても、騙された奴の肩を持つ気がしない、なんとなればそんなアホは肩を持ってやるほどの価値がないと思っているからなんだが、そうであるとしても、皇室を語ってこういう騒ぎを起こしている、これは不敬だし、なにより皇室に関わる事柄を喧伝する人々の悪いイメージを無用に世間に流布する事になると思うからなんだな。

 ちなみに事故現場は相変わらず2007年8月 8日の「またオオニシだ!」で更新が止まってるんだが、「てっく」たらちゅうにいちゃん!!
ここいらで公式な釈明なり経緯の説明しなきゃ不作為で大西哲光の反日ネガティブキャンペーンと変わらんぞ。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» てっく氏、疑惑の件
今回、筆者がブログおもてでお知らせした行動を採ったのは、些か...
URL 2007/08/26(Sun)12:57
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]