忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甲子園決勝のあの1球 「なんでボール?」で大激論
07年夏の高校野球甲子園大会決勝(2007年8月22日)で、佐賀北高校に敗れた広陵高校の中井哲之監督が、試合終了後「審判の判定がひどすぎる」と怒りを記者団にぶつけたことが物議を呼んでいる。明らかなストライクをボールと判定され押し出し。ピッチャーが動揺し次のバッターに逆転満塁ホームランを打たれた、というものだ。ネットでも話題になっていて、ホントのところ、ストライクだったのかボールだったのか。
 こういうことを言うのは好きじゃないな、負けたチームが言うんじゃ尚更だ。
 監督としては言いたくもなるんだろうが、じゃ審判とはなんだ?、そして広陵に選手がいるように佐賀北にも選手はいる。

 僕はこの試合は見ていたが実に良い試合だったと思う、そしてその一球も見ていて確かに微妙、どっちの判定でもおかしくないという意味で微妙な一球ではあった。
しかし、良い試合の結果佐賀北が勝った、そういうことで良いと思うし、広陵の選手がこれから先「あの一球さえ...」と思いながらずっと生きてゆくことはあり得ないとは思うが、もしそういう選手がいるとしたら、そいつは恐らくろくなもんにはならんと思う。






PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 言いたくなる気持ちは良くわかるが
問題なのは、『誰が見ても…』 とか 『教育者として…』 とか言っちゃったところ、私憤を義憤に一般化しようとしている点。 タブーと知ってていうなら、試合で抗議しなくてはいけない。 どうしても、ちくりと刺したいなら 「私が審判なら、ストライクと言ってました」 という論旨なら、もっと共感を生むだろうに…。 試合で見せた選手の力はそれこそ誰が見ても広陵が上、 認めたくないのは良くわかる。そんな中井先生と選手と広陵ファンに送る金言。 「敗北とは、それを認める度量を持った者にのみ与えられる権利である」 
URL 2007/08/23(Thu)21:08
» <高校野球>広陵の監督、高野連から注意受けたと明らかに
2007 夏の高校野球 - <高校野球>広陵の監督、高野連から注意受けたと明らかに - Yahoo! スポーツ 第89回全国高校野球選手権大会で準優勝した広島・広陵の中井哲之監督は23日、決...
URL 2007/08/23(Thu)23:35
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]