忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ビルマの軍事政権ちゅうのはやっていることは中国共産党とそうかわらんだろうし親中国だ。
けれども人権弾圧のかどで中国を罵倒する熱湯浴は不思議なことにビルマの軍事政権を批判しないんだな。
スー・チーが通算11年間自宅軟禁されていることを非難もしないし、今回ガソリン価格が倍になったことで起きている坊さんの抗議行動を評価もしない。

 スー・チーはこのデモが自宅前を通過する時に門前まで出て来て涙を流しながら坊さん達に挨拶をしたというんだが、これも語りもしない。
 そこでなんでだろうかを考えてみたんだが、行き着くのは、スー・チーの実父であるアウン・サンが親日から親英に寝返ったちゅう事実なんだな。
とすればこりゃてんでご都合主義だな。(爆

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» ミャンマーのデモ
ミャンマーで僧侶主導による大規模デモが発生。今現在も拡大中。 軍事政権にとっては
URL 2007/09/25(Tue)23:24
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]