忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 流れ弾か跳弾くらった人がいたかなっと心配しましたが杞憂でした。(爆

 このところ外国映画のDVDをしこたま買い込んだのでしばらくはブログをやってる時間が今迄ほど無いんですが、とりわけ昨日見た「ニーベルングの指環」は面白かった。

 元のストーリーは「ニーベルングの歌」なんだけど随分に脚色がされており、されたところが面白い。

 この映画で扱っているのはジークフリートが王である父親の城を出るところから始まりますが、ここが一般のこの物語と異なり、王国が、これは定かじゃないんだけどたぶんゴート族、に滅ぼされて脱出するところから、ジークフリートがハーゲンに暗殺されて水葬に付されるところまでなんですが、ここでは、ジークフリート暗殺の恨みをブリュンヒルデが晴らし、水葬の船の上で後を追うように自殺する、こんな感じです。

 このブリュンヒルデをやっている女優さん、名前はクリスタナ・ローケン
僕はこの人始めてみたんだが凄く良いんだな、脚が。(笑
Wikipediaで調べてみたらやはり血はノルウェーだそうで、道理でなっと。

 元々がモデルさんだそうで映画にはあまり出てませんが、もうちょっとましな映画に出てもいい人だと思います。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]