忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 恥ずかしい話なんだけど僕はかなり長きにわたって黒人霊歌だと思っていたんだが、アイルランドだかスコットランドの歌だという説もあるらしい。
なぜ僕が長くそう思いこんでいられてのかは簡単で、この曲を上手く歌う人は概ね黒人のシンガーだったからだ。

 これはたまたまなんだが、今朝防衛省に向かう途中FMを聞きながら走っていたら赤坂離宮の前あたりで渋滞が始まったんだが、ちょうどその時にこの曲がかかっていた。
歌っていたのはおそらく白鳥(旧姓山室)英美子さんで、日本人ではこの人のが一番いいように思うんだが、国籍を問わなければ誰かというと僕はやはりジョーン・バエズのが一番いいように思う。

 で探したらばようつべにあった。



 このほかにもダイアナロス



であるとかウイリー・ネルソン



まであるのには驚いたんだが、なんといっても一番びっくりしたのはジュディー・コリンズだ。



まあでも考えてみればこの人は顔がスコティッシュぽいから良いちゃ良いんだろうが、どうも白鳥さんと似た線なんだ罠。
そらまあどっちが先といえば、ジュディー・コリンズの方が先にリリースしてんだから白鳥さんが同じ線を追ったそういうことなんだろうが、それはさておいてジュディー・コリンズというと外せないのがこれが。



これはジョニ・ミッチェルの曲で、彼女も歌ってるんだが、本家よりこっちの方が世界的にヒットしちゃった。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]