忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 上空援護のF-15が援護すべき英軍を誤爆したそうで...
木曜日の夕方にヘルマンド川行政区で哨戒中だった英軍部隊がタリバンと遭遇して戦闘になり、航空機による支援を要請したんだけど、アメリカ空軍、またやっちゃいますた。

 アフガンではニュースになったのは初めてだと思うけど、イラクでは2003年にやはり米軍機の誤爆で英兵が死んでる。
Earlier this year, Britain's Defense Secretary Des Browne said that since 1990 12 British personnel had died in friendly fire incidents involving U.S. forces in Iraq, but that there had been no such deaths in Afghanistan.
とあるから、1990年以降アメリカの誤爆等で12人のイギリス人が死んだと。

 この記事のよれば、これまでにその他カナダ兵が5人、アフガンの警察官10人がアメリカの誤爆で死んでるそうで、死んだ人は浮かばれんだろうな。

参照記事
3 British Soldiers Killed by U.S. Bomb
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]