忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

米軍、アルカイダの主要人物を殺害 - バグダッド
【バグダッド/イラク 25日 AFP】米軍は25日、バグダッド周辺で反政府勢力との抗争が激化する中、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の主要人物を殺害したと述べた。米軍によると、この人物は車両爆弾の自爆テロ実行犯として複数の少年を送り込んだとされている。
 米軍司令官によると、20日にバグダッド北西部で殺害したのはMuhammad Abdullah Abbas al-Issawi容疑者、別名Abu AkramまたはAbu Abd al-Sattarとしても知られる人物。西部アンバル(Anbar)州におけるアルカイダの「治安責任者」で、前年6月に米軍の空爆で死亡したイラクのアルカイダ指導者アブムサブ・ザルカウィ(
Abu Musab al-Zarqawi)氏と関係があるという。

 もうイラクの状況は誰かを殺れば好転するって段階ではないことはザルカウィが死んでもなにも変わらない、というよりますます酷くなっていることからも明らかなんですが、こんなことでも一々「やった!!やった!!」といいたくなるアメリカが情けないですな。w

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]