忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 24日、サダム・フセインのいとこでケミカル・アリと呼ばれたアリ・アルマジドを含む旧政権の幹部三人に死刑判決が出たそうだ。
以後最高裁にあたる裁判所が差し戻しを決定しない限り30日以内に刑が執行される、しかもクルディスタンで。
そして判決が変わる可能性は時間的にもかなり低いようなんだが、僕はサダム・フセインの絞首刑動画をすべて見た。

 これは日本人的な感覚なのかも知れないけれども、いくら憎悪があるとはいえ、死者に対してあそこまでするか!?
そんな義憤に駆られたものだが、ケミカル・アリ達の訴追要因はクルドに対する毒ガス使用や大量殺戮(子供や婦女子を含む18万人とされる)。
そして執行場所がクルディスタンだということになればおそらくあれを超える、見るに堪えない事態になるんじゃないかと思う。
僕は衷心から彼たちに同情する。

参照記事
'Chemical Ali' to be hanged in Kurdistan


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]