忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 バシル大統領の特赦特権で特赦になるようだ、ちゅうかもうなったろ?
 昨日の段階でイギリスのイスラム教徒の上院議員二人がスーダンに飛んだって話は報じられたたんだけれども、スーダン世論の反発が凄そうだったんで、果たして上手くゆくもんかいな?
こんな感じで見守ってたんだけど、AFPの2007/12/03の8:27発では、バシルの顧問の談話として
Sudanese President Omar al-Beshir on Monday pardoned a British woman teacher jailed for 15 days for insulting religion and she will be released in an hour, a presidential advisor told AFP.
っと書かれているんで日本時間の17時頃には釈放されてんだろうな。

 以下はGUARDIANの伝える話で、コメントとったのはREUTERSのようだけど
Asked whether Gibbons had been pardoned, a presidential adviser told Reuters: "Definitely, yes."


参照記事
British parliamentarians in Sudan
Sudan pardons British teacher, to be freed in hour: presidential advisor
Teddy teacher pardoned in Sudan
Teddy row teacher to be released
Sudan to free teddy row teacher
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]