忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ミハエル・シューマッハが飛行機に遅れそうになり、空港までタクシーを運転しちゃったなんちゅう笑える話があったばかりだが、今度はアルゼンチンで笑える話だ。
 僕は知らなかったんだけど、マラドーナはカストロの崇拝者らしく反米なんだそうで、ただの薬中じゃなかったんだな。
でなんだか知らんが、先日は連帯のために「チャベスの入れ墨を入れる」なんちゅうことも言ったちゅうんだが、そのマラドーナが、ミニマッチを見に来ていたイランの外交官にサイン入りのシャツを贈って、反米連帯のためにアフマディネジャドに会いたいちゅうことを言ったそうな。

 日本にいてこういう話を聞くと「落ち目にゃなりたくねぇもんだ」くらいにしか思わんけどアルゼンチンじゃやっぱまだ英雄なんだろう。

Maradona wants to meet Iranian president
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]