忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「イギリスがロシアのスパイ4人を国外退去処分に」に、
亡命元KGBの話として、ロシアは英国外交官3名の国外退去で報復するという話がありますが、こういう経歴の人が限定的に3人と言うんだからまぁこっちもスパイでしょう。
そしてこれも半ばお約束の世界です。

ということを書きましたが、どうもロシアは外交的報復措置を執らないことに決めたようです。
まぁ執るとすれば盗っ人猛々しいって話になるから当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

 この背景は色々あるんでしょうが、第一は、外交関係の悪化が経済関係に波及すること、つまり米英からの対露投資が収縮することを怖れたということじゃないかと思うんですが、ただ、ロシア国内は収まらないようでイズベスチャなどは、リトビネンコ事件をでっち上げだとした上でイギリスのブラウン政権を罵倒してます。

 
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]