忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 11月4日のムシャラフの断末魔と日米関係の近未来、そしてアホ満載の産経寄稿者
強権でしか統治できない地域に自由を持ち込めばどうなるかってことくらいはもう学ぶべきなんだが、パキスタンはブットで行こうちゅうことだとすれば、これは笑い話にすらならんわけで、そうなりゃ次はカルザイが転けるぞ。
なんちゅうことを書いてまだ2週間足らずなんだが、非常事態宣言にもかかわらず早速アフガン国境スワート渓谷が一段と不安定化し始めてるようだ。

 ここ数日ウズベクやタジク、チェチェンの武装勢力が入り込んで攻勢が激化し北西部は無政府状態になりつつある、元々この地域はパキスタン政府の統治が及びにくいところではあったんだけど、ムシャラフ政権がぐらついたと見るや先週辺りから動きが更に活発になったっと。
さて、いよいよカルザイまでがますます危なくなっちゃったわけなんだが、テロとの戦い続くわけ?

 それにしてもアメリカってのは学習能力はゼロだな、これぢゃ権兵が種まきゃカラスがほじくるじゃんか。

 世界最悪の攪乱要因は実はイスラム過激派ではなくアメリカだったりしてw

その他関連記事
Militants gain despite decree by Musharraf
Pakistan Military Mobilizing Forces to Quell Violence
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]