忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

英BAT、北朝鮮国営とのたばこ合弁を解消
 【ソウル=鈴木壮太郎】英たばこ大手のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は8日、北朝鮮国営会社とのたばこ合弁を解消すると発表した。BATは保有する合弁会社の株式をシンガポールの貿易会社SUTLグループに売却する方針だ。

 マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)にある北朝鮮関連資金600万ドルのうち、400万ドルがBATの資金とされる。BATの北朝鮮からの撤退は核開発問題で国際的な非難が高まる北朝鮮との事業を敬遠したためとの観測があるが、韓国の聯合ニュースによると、BAT側は英メディアに対し「純粋にビジネス上の取引」と説明しているという。聯合ニュースによると合弁会社「テソンBAT」は年産20億本の生産能力を持つ。(15:06)


 これはどこも報じてないしネタ元が聯合なんで...なんですが、これはColin MacAskillのいじった案件なんですね。
 これを真に受けるとすれば彼のファンドが北朝鮮から撤退し始めた、そういうことにもなろうかと思います。
さすればつぎはVOLVOか?

 そして思うのは、アメリカ国務省以外の連中はパトリオット法遵守による北朝鮮の利権再配分を狙ってたりして。w




PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]