忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【正論】藤岡信勝 「政治的妥協」の愚を繰り返すな

 結論としては異議はないんだけど切り口に違和感があるんだよな。
 なにに違和感があるかというと沖縄の捉まえ方で、同じことを津島に関する議論でも感じるし北海道に関しても思う。
江戸中期の幕閣が慌てふためいてからまだ200年しか経ってないんだけど、この手の論客はそういう経緯は無視しちゃうんだな。

 対馬の宗氏は二股外交やってて幕府から朝鮮宛の国書も捏造したりしてたわけだし、沖縄だってある時代までは薩摩の統治を受けながら清から柵封受けてたわけですわ。
そういうところにデリカシーを持たない限り領域管理はできんのじゃないの?

 外務省公電漏洩事件の背景がなんであるか?
あの事件に関して蓮見喜久子さんと西山太吉さんが国賊だのないだのって議論ですませてしまうのは簡単なんだけどそれで終わってりゃいずれ乗っ取られると思う。

 例としてあまりにも矮小化し過ぎなのを承知で例を引くけど、かつて長野県だった山口村は平成の大合併で岐阜県の中津川市に吸収されることを望んで岐阜県になっちゃった。
それは何故かといえば、長野県に属してたってなんにも良いこと無いからなのよ。

 僕は足かけ40年基地のある町に住んだんだけど内地の基地はまだ良い。
反対運動を積極的にやってる連中が左巻きや外人部隊であるという事実だけで片付ける人は多いんだけど、積極的に反対しない善良な人には忍耐があるってことを見落としてはいけないだろうしそれに報いることを考えなければ不公平なんだが、この手の論客はそういうことに無頓着すぎる。

 まあこんなことやあんなことが違和感の原因なんですが、そこに無頓着に「沖縄人よ目覚めよ」といわれたって腹たてる人こそいるとしても賛同する人はいないんじゃないの?

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]