忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 国境なき記者団のサイトに「Regime again jams foreign-based radio stations」て最新のタイトルがあるんだけど、これによれば北朝鮮が、昨年7月以降減っていたVOA、RFA、RFCなどの短波宣伝放送に対する全面的な妨害電波発信を再開したらしい。

 この再開に関しては色々と憶測が述べられていているんだけども、一番説得力のあるのが、24時間態勢で妨害するだけの電力確保が出来なかったという説で、これを逆から見れば、昨年よりエネルギー需給が緩和した、供給を増やした国があるということだろうと思います。

 さて、izaに「われわれは「悪の枢軸」…金正日の側近が開き直り」という記事があり、元記事はZAKZAKのようなんですが、今更なんでこんな古い話を持ち出したのか?
ZAKZAKのソースはチャールズ・プリチャードの新刊著書「破綻した外交」らしく、記事中にはその和訳版から

前日の協議で金桂冠(ゲグァン)外務次官はウラン型の核開発疑惑について、「でっち上げ」と全面否定した。しかし、姜次官はブッシュ政権が北朝鮮を当時のイラク、イランとともに「悪の枢軸」と位置付けたことなどを非難。米国の「宣戦布告」に対し、「ウラン濃縮にとどまらず、ほかのあらゆる物をつくる用意がある」などと述べた。

などと引用されているが、これは当時広く報じられた事態であり、今更なにを?こんな感じですね。
そしてこの記事の間抜けなところは、「2002年010月に北朝鮮はこういっていた」という作り込みになっていることなんですが、北朝鮮は今尚同じことを言っており、そして近くは今開かれているARFの会議で同じ主張をやったわけで、それに対してのASEANの反応は、マニラ空港でのクリストファー・ヒルのコメント"I do not see the ARF dealing with the 6-party talks,"に象徴されると思うわけです。

 一体日本の外務省ってのはなにやってんだろうね?

参考記事
U.S. pushes non-proliferation, N.Korea defends nukes
N.Korea Slams U.S., Japan, S.Korea
Regime again jams foreign-based radio stations
North Korea Resumes Jamming Broadcasts


 
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]