忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 産経新聞の正論に久々に阿川さんが登場して【正論】日米同盟 慶応大学教授・阿川尚之 「一極主義」は日本こそ問題だを書いている。

 まあ現象的にはこの人の書いている通りなんだけどさ、しかし不思議なのは
アメリカは時々ひどくわがままだが、日本もしばしば自らの立場をかたくなに譲らない。ただ両国の一極主義には、一つ違いがある。それは、アメリカは一極主義でも何とかやっていけるが、日本はまったく不可能だという単純な事実である。
と書く割にはその淵源に遡って「なんでそういう状況がある」ということに関する言及はないし、それを打破するためにはなにをすべきかという言及もない。

 そして結局
だからこそ戦後、アメリカと同盟を組んで自国の安全を守ると決めた。中国が軍事大国化し、日本の人口が減少しはじめた今、東アジアで生き延びるためには、アメリカとの同盟維持・強化が必須である。無論近隣諸国との友好は大事だが、彼らは日本を守ってくれない。国連も同じだ。
媚米保守が等しく落とす結論に落とし込んでいるんだが、要するに、こういう人はなんだかんだ言いながらもフリーハンドは持つな、アメリカの属国でいろ。
こういうことを言ってるわけだよな。

 フリーハンドを持てない最大の障害は日本国憲法であり、日米安保条約なわけなんだが媚米保守はそういうところには言及しない。
僕は日米安保を破棄しようなんてことを言う気はないが、少なくとも独自の軍事力がある程度の牽制力となりうる仕組みにしなけりゃ、結局阿川さんの言うように「誰も日本を守ってくれない」って現実にそう遠くない将来直面することになると思うぞ。

 その為にはまず憲法を改正し、不平等条約、こりゃどっちにとってもそうなんだが、の日米安保条約を改定してフリーハンドを得るちゅうことじゃないの?
でその補完が同盟じゃないの?
そうすりゃ防衛省にももう少し緊張感は出てくんじゃね?

 だいたい
第四条(臨時協議)
 締約国は、この条約の実施に関して随時協議し、また、日本国の安全又は極東における国際の平和及び安全に対する脅威が生じたときはいつでも、いずれか一方の締約国の要請により協議する。

第五条(共同防衛)

 各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。
なんちゅう条約がどこまであてになるかちゅうことなんだけど、とりあえずアメリカの同盟国同士の紛争には無力だちゅうことだろ?
 でありながら
第二条(経済的協力の促進)
 締約国は、その自由な諸制度を強化することにより、これらの制度の基礎をなす原則の理解を促進することにより、並びに安定及び福祉の条件を助長することによつて、平和的かつ友好的な国際関係の一層の発展に貢献する。締約国は、その国際経済政策におけるくい違いを除くことに努め、また、両国の間の経済的協力を促進する。
こういうワケワカメな経済植民地化条項も含まれてんだな。

 それにしても産経新聞の日米同盟キャンペーンちゅうのはとどまるところを知らずだな。

参考資料
日米地位協定(略称)
関連過去記事
テロ特失効の影響?:アホの産経新聞は分かり易すぎだぞw
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» だからといってアメリカの属国でよいのか!
 何が「アメリカは一極主義でも何とかやっていけるが、日本はまったく不可能」だと。だからこれからもずっと 日本はどんな無理難題を吹っ掛けられても黙ってアメリカ様の下僕として過ごすのがベスト だというのか!  慶大教授になっても 一度染み込んだ奴隷根性 はなかなか抜けないものだな!     何もアメリカと再び絶交すべきなどと言う気は金輪際ない。 だが、だからといってこれからも ずっとアメリカの従属国で良いのか? アメリカの次期大統領が嫁クリにでもなればそれこそ共産シナに売り飛ばされかねない。それでも ア...
URL 2007/12/04(Tue)12:53
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]