忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いまのところSPIEGEL-ONLINEのBrutaler Überfall auf Atomforschungszentrumにしか見あたらないんだけど、木曜日に南アフリカのPelindabaって核施設が武装した何者かに襲撃されたらしい。
賊はセキュリティーシステムを突破して制御室に侵入し、管理者を銃撃した、ちゅうことなんだけど、爆発音がしたちゅうからなんか爆薬使ったんでしょ。

 Anton Gerberちゅう管理者が胸を撃たれ、賊は逃走した、その目的や動機は不明ちゅうことなんだけど、おっかないのは、ここにはアパルトヘイト時代に作られた核爆弾が信管を外してそのまま保管されており、容易に兵器に転用出来るその中身が医学目的で使われてるんだそうな。

 近いところではつい先日アリゾナの原発にパイプ爆弾で武装した奴が侵入したちゅう事件があったけれどもこらおっかなすぎだぞ。


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]