忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 2ちゃんねるのいつものスレですが、このスレの4 :文責・名無しさん:2007/05/09(水) 00:18:55 ID:IwL4OEp70によれば
1989 50歳 全国紙初寄稿 「社会党を長い目で育てよう」(朝日新聞・論壇)
なんてものを書いていたらしいんだが、ここ数年は似而非保守を装い、そしてある時期からそれが深化し、つい最近迄は熱湯浴と同じ主張。

 そして今回、この婆さんが熱烈な声援を送ってきたダメ晋三が無様な「ヤダヤダ退陣」をした途端に微妙な変化を見せ始め、ついにはこういうことらしい。(大爆
970 :文責・名無しさん:2007/09/16(日) 21:11:33 ID:YxyrfRjl0
■2007/09/16 (日) 先の参院議員選挙は一種の共産革命だった(1)
おいおい、共産革命??? この人30年遅れているな。

> もっとも最終的には、安倍総理自身の指導力、決断力も問われることになったと思いますが。
鞍替え予定が丸見え

> 安倍総理辞任後、精力的に欧米のジャーナリストや政治学者と会う機会があり、日本の政治に関して
> いろいろと意見交換を致しました。
テレビの討論会でも見たのだろう。

> 彼らのおおくが指摘していたのは、民主政治といいつつ日本には、政権交代がないから、外から見る
> とある意味では、日本の政治は自民党による一党独裁的カラーが濃い。
> そのため、政治の内部が腐敗しきっている.長年の膿がたまりたまって、どのように隠蔽して止めよう
> としても、止めようがない、つい外にでてきてしまう。今の日本の政治はそういう状態にあるのではな
> いか、というのです。
ついこの前まではこういう事を言う人を工作員として断定していたのだが。

> そういう意味では、今や日本も政権交代の時期に入っているのかもしれません。
さぁ、鞍替え。

たて 飢えたるものよ ・・・あぁ インターナショナル 我等がもの(歌: クライン)
これだけ読んで書いちゃっちゃお猿さんに失礼なんで、あまり気は進まなかったけれどもソースを読みにいってきました。

いつものことながら怪しげな「投稿メールと称するもの」の羅列で頭痛がしてきたんですが、どうも■2007/09/16 (日) 外交政策で一枚岩になれば・・・・(3)は自作のようなので紹介しておきましょう。
しかしのっけから
安倍総理辞任後、精力的に欧米のジャーナリストや政治学者と会う機会があり、日本の政治に関していろいろと意見交換を致しました。
ですわ。
冗談やめてくれよ。
12日の辞任発表会見以後、目眩と頭痛がしてくるような投稿メールを連続転載してただけぢゃんか。
そしてなにより、この程度の教養と知識、見識、言語能力で欧米のジャーナリストや政治学者と会話すら成りたたんのじゃないの?(爆
 そして
彼らのおおくが指摘していたのは、民主政治といいつつ日本には、政権交代がないから、外から見るとある意味では、日本の政治は自民党による一党独裁的カラーが濃い。
そのため、政治の内部が腐敗しきっている.
長年の膿がたまりたまって、どのように隠蔽して止めようとしても、止めようがない、つい外にでてきてしまう。
今の日本の政治はそういう状態にあるのではないか、というのです。
ちゅうんだけど、それは最近では見られない論調なんじゃないの?
少なくとも論説書けるような記者は、自民党がかなり多様なものを内包していて、たとえばアメリカの共和党と民主党の平均的な勢力が一緒くたになってるって性格を押さえてるからそういう薄ぺったい所感って出てこないと思うし、それが政治学者ともなれば尚更でしょうよ。
なにより、だからこそあんたの好きな小泉がある程度注目されたわけでしょうが、そしてなによりあんた自身がこれまでそういうこと、つまり小泉が少しは海外で注目されているってことを書いてきた(あんたの場合はそれを針小棒大に書いたんだが)んだが、やっぱあれも口から出任せだったわけね。(大爆
そしてさ、政権交代があってもドイツやアメリカでは汚職があるのはなんでだ?
あんたの理屈では説明がつかないし、あんたの書きっぷりでは汚職が有ることすら知らないようにしか見えんのだが?

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]