忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まず「下にまいりますぅ」
■2006/11/28 (火) 中川・VS平沼抗争は前者の作戦勝ち?(2)
平沼氏を中心に新党作り構想をという意見もあるにはあったが、氏にそのエネルギーがあったかどうか、これ疑問です。
もしあったとしても、それが実現できないのは氏のみならず11人がもっとも熟知していたろうと思う。
これは明らかに全面否定だ罠。
そしてなお「下にまいりますぅ」
■2006/12/02 (土) 造反復党問題、 甘えているのは世襲議員?(1)では
小泉前首相VS平沼氏についての一文、転載して下さいました。「言い得て妙」
私の勘=推測と近いものでした。
一部、ご紹介いたします、
と前置き、つまり同意見であると前置きした上で、勘と憶測ってのは日本語として全然違う意味なんだが、この婆さんにそれは言っても解るまい。
そして嘘かホントかはしらんがさ、誰かに紹介された駄文を引用している。
安倍晋三の同士である平沼赳夫を、おかしな人と斬って捨てたのである。
まさに喧嘩師、こういう男に喧嘩を売った平沼赳夫。
余りにも見る目がなさ過ぎたのである”
ちゅうんだからこのやたらに背伸びをした頭の悪そうな文体と粗末で粗雑な中身はさておき、明らかに否定的。
で今度は一番最近のなんだが、なんの前ぶれもなく「上に参りますぅ」だとさ。
でもなあ婆さん、この時期小泉マンセーにいそしんでたからこう書くんだろうけど、書くにしてもタイトルが変だぞ。
世襲議員といえばね、平沼赳夫だけではなく小泉も、あんたが小泉の次にマンセーしたヘタレの晋ちゃんも世襲議員なんだぞ、知ってる?
■2007/10/25 (木) 今こそ、自民・民主の若手、立ち上がるべき!
そこへいきなり飛び込んできたニュースが
平沼氏 新党結成を示唆
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071024/stt0710242240003-n1.htm
でした。
このニュースに接した時、一瞬雷にうたれたような、一種の光明がさしてきたような気持ちになりました。
とにかく、この新しい動きですが、今後、どう展開していくものか、私なりに見守り、注視して行こうと思っております。
一体こりゃなんなんだ?
「そのエネルギーがあったかどうか、これ疑問」な平沼赳夫なんだろ?
ぽっか~ん...
それで光明!?
要するに期待感の表明なんだが、婆さん。
せめて一年前になに書いたかくらいおぼえてろよ。

一段と壊れたか?
それとも日本会議の内部抗争か?(爆


参考:クライン孝子 日本会議女性の会 副会長  
平沼赳夫  日本会議国会議員懇談会 会長

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]