忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 馬鹿じゃね?
中国記者証更新云々事件は福田外交の踏み絵
これって、中国当局による嫌がらせですね。
産経新聞にはその記事でも明らかなように、真実を知らせたいという記者魂が感じられます。
 詳細は知らんし興味もないが、福島さんがそんなご大層な記事書いたことあったっけ?
他のメデイアの特派員の滞在生活がせいぜい3年くらいなところ産経新聞は、欧州の特派員のように何十年もその土地に住んでその国のエキスパートになって取材するというのもそう。、
記事の内容が表面的でなく読みでがあり、深いのはそのせいだと思います。
 これもなんだかなw
ワシントン駐在のKさんなんて歪曲、捏造お手の物だし、その他に至っては現地報道を和訳して流してるだけじゃんかよ。
それで特派員といわれたくない罠。

 で人のことはいいのよクラインせんせい。
あんたのキャッチコピーは『ドイツ滞在歴30年のジャーナリストが現地よりレポート』でしょ?
だったらなんでジョン・ラーベに関する質問に答えられんのだ?

 僕が公開した質問を送ってから猿真似日記に上がった南京関連の更新は■2007/12/17 (月) 南京の真実のたった一件だが、その中身は
南京入城・旧陸軍兵の証言 「城内は平穏だった」
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/071217/acd0712170826004-n1.htm
【主張】南京事件70年 誤った史実を正す発信を
http://sankei.jp.msn.com/life/education/071217/edc0712170234000-n1.htm 
だけ、つまり、これは肯定派・否定派に共通するんだけど、一を以て凡てとなすような産経の記事と、同じく産経の社説へのリンクを貼っただけだ。

 ひょっとしてこれで答えにするつもりかも知れんが、僕があんたに質問したのは、こんな誰でも知識として持っているような話ではなく、独中合作の『John Rabe』に関して1)日頃南京大虐殺や百人切りにご熱心なクラインさんがそういうことを日本向けにお書きにならないのにはなにか理由がお有りでしょうか?ということ、この映画はJohn Rabeが20万人超の中国人を虐殺から救ったということを事実として扱った映画なんだが、2)この点をドイツ在住の日本人としてどのように受け止められるのか? 3)受け止められた上で、EUプレスクラブ、ドイツ連邦プレス会員のお立場としてどういう行動をお取りになるのか?ということなんだな。

 つまりまったく答えになっていないわけで、ここは率直に『John Rabeなんて知りましぇん!!』、『南京事件に関しては産経新聞の記事と投稿されてくるアホなメールの情報以上のことは知りましぇん!!』、『肩書きは捏造です、すんましぇん!!』と答える方がわかりやすいぞ。

 そして最後に
ドイツのメルケル首相なら、早速これを絶好のチャンスとして、相手国から詳しく事情を聴いた上で、不当と知ったら、強く抗議をすると思います。
とあるけれども、SPDを胎内に抱えて環境と人権しか売るもののないメルケルだ。

 サルコジに中国で好き放題やられて国内で批判されてることはどうして書かんの?
 先だって核関連の密貿易の容疑でこっそりとイランの外交官が国外退去処分になったけど、その事実さえ書かないし当然背景も書かないのはなぜなの?
プロフィールに「ドイツ政界・メディア界と密接な関係を持つ。」なんちゅうこと書いてるあんたが知らんわけはないと思うんだが?w

 参考までに書いておくと、イラクに米英軍が侵攻した際に、化学兵器工場とおぼしき施設に蔵置されていた原料物質で一番多く見つかったメーカーメー名は『BASF』だよ。
そしてJohn Rabeは『Siemens』の社員だな。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]