忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今朝報道2001見てて思ったんだけど...
言い訳中の久間のにやけ顔とミートホープのオッサンの顔、なんか似た空気漂ってね?

久間防衛相が陳謝 原爆しょうがない発言
 久間章生防衛相は1日昼、長崎県島原市内で記者会見し、原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて「被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば申し訳なかった。これから先は講演で言ったような話はしない」と陳謝し、発言を事実上撤回した。
 同日朝のフジテレビ番組では「そんなような内容(の発言)ではない」として引責辞任や発言の撤回、訂正を行う考えはないことを強調していたが、与党幹部から同日午前「私の認識とは違う。誤解を招いたのであれば、きちんと釈明して、謝罪すべきところは謝罪した方がよい」(中川昭一自民党政調会長)などと、批判が相次いだのを受け軌道修正したとみられる。
 久間氏は朝の番組で「原爆投下する必要はなかったというのは会場でも言っている」と強調。「過去のことをああすればよかったと今言ってみてもしょうがないという思いで言った」と釈明していた。
2007/07/01 13:06 【共同通信】


 右も左もこぞって叩いた久間発言なんですが、今朝の報道2001に緊急でインタビューに応じてました。
 聞き手の黒岩祐治氏も苛立ちを隠せないほどに要領を得ない受け答えで、率直に言ってこの久間というバカおやぢはなにを批判されているのかをいまだに解っていない、そういう印象だったね。

 しきりに「アメリカは原爆を投下する必要がなかったということを言いたかった」という釈明をするんだけども、少なくとも既にそれが誤りだということを解っていない。
そして、このバカの中でそれが導き出されるまでの歴史認識がそもそも間違っているということも解っていない。

 この際このバカが長崎選出の国会議員であることは問題にはしない。
しかし現職でしかも初代の防衛大臣が直近の戦史すらわかってないところに僕は暗澹としたものを感じるし、それはおくとしても、アメリカが我が国に対して行ったカーチス・ルメイ立案による大都市焦土化作戦にしても、対独対抗で始まったマンハッタン計画がドイツの先行降伏で行き場を失い、その目的をなし崩しに対ソ牽制の手段とした、そしてその公開実験場に広島、長崎を選んだ、しかも軍事施設のない都市という条件枠の中から、(こういう事実関係もわかってないんじゃないの? )
でこれらは極東軍事裁判で我が国に適用された事後法どころか、開戦時既にあった戦時国際法を蹂躙する作戦であったわけで、これを「アメリカとしては当然」、発言訂正後でも「言っても仕方のないこと」というのでは国務大臣としての適格はもとより日本国国民としていかがなもんかということだと思う。

 アメリカのリベラルは幻の南京大虐殺戦時の売春宿問題で我が国を非難するんだけれども、南京大虐殺は偽造、捏造された資料で強弁しなけりゃならないような代物だし、戦時の売春宿に関してはほとんどのケースは日本の国内問題であり、キリスト教的規範でどうであろうが、当時日本国の国法の至る領域では合法であった事項なのであり、そんなことを他国からどうこう言われるおぼえはないしましてや裁かれなければならない謂われはないと思う。

 そういうことをやってきた米国が、こと油脂焼夷弾を使用した大都市爆撃や原爆使用には口を拭う、そしてひどい奴になると「原爆使用は戦争の早期終結には必要だった」とまで強弁してきているわけなんだけど、久間の今回の発言は、当初全くこの脈絡に乗っかった発言だったわけだわな。

 そして、「アメリカの原爆使用はソ連の参戦を食い止めるためだった。」なんちゅう馬鹿げたことを久間は言うわけだが、厚顔無恥をもって鳴るアメリカですらがこんなことを言っちゃいないわけだし言えるはずもない。

 ソ連参戦を積極的に働きかけたのはアメリカであり、チャーチルはアメリカよりは消極的だった。
そしてアメリカはポツダム宣言の直後からスターリンに参戦を督促してるんだな。

 アメリカのソ連に対する態度が変わったのは原爆投下以後であり、ポツダム宣言受諾以後で、それは何故かというと、ソ連が我が国のポツダム宣言受諾以後も北海道に向かう南進を停止しなかったからで、そこにはソ連の北海道侵攻の意図が見えた、米英ソの密約による南進線を超えたあたりからアメリカの顔色が変わったのは事実だが、久間の主張とは「ソ連の参戦を食い止めるためにアメリカはやむなく原爆を使用した。」と言うのだから、これには当の米ソもびっくりなわけで時系列が事実と全く違う。

 この記事では「発言事実上撤回」とあるけれども、ここまで不見識と無教養を積み上げてしまったのでは撤回すればいいような話でなんかではなくて、やはりオツムをすげ替えるべき問題だろう、こういうこと。

首相、久間氏罷免を否定 小沢氏「不見識、不適当」
 安倍晋三首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表の党首討論会が1日午後、都内で民間シンクタンクの主催で開かれた。首相は米国の原爆投下を「しょうがない」と発言した久間章生防衛相について、野党の罷免要求に応じる考えがないことを表明。小沢氏は久間氏を「国務大臣として不見識、不適当だ」と強く批判するとともに、年金記録不備問題で国民の申請があれば、支給に応じるよう求めた。
 首相は、久間氏の発言に関し「日本の究極の目的は核廃絶だ。久間氏にはこれからも防衛相として核廃絶に力を発揮してもらわなければならない」と強調した。
 年金問題では小沢氏が「国が責任を持ち、基本的には国民の(支払い要請の)申し出を認める立場に立つべきだ」と主張。首相は「すべての人に支払って済むなら苦労しない。支払う以上、加入履歴についてつじつまがあうか確認したい」と反論した。
 また首相は29日に行われる参院選と衆院選の同日選の可能性について「衆院選は完全な政権選択を国民に問うことになるが、(衆院の)解散は全く考えていない」と否定した。
2007/07/01 18:29 【共同通信】


 さて「既に終わった安部ちゃん」ですが、問責しないということのようで。
しかしね、問責云々と言うよりも、国務大臣として、防衛大臣として、況や政治家としての適格の問題なのであって、こりゃ小沢一郎が言うからということではなく、誰が見たってここまでアホでは適格無いでしょう。
でもってね、こんな不見識で無教養な猿のような奴を国務大臣に任命した内閣の長として任命責任を問われるだろうよ。
そして擁護の根拠が「日本の究極の目的は核廃絶だ。久間氏にはこれからも防衛相として核廃絶に力を発揮してもらわなければならない。」とのことだけで、いつから日本の究極の目的は核廃絶に決まったのよ?
ちなみに僕は1954年にこの世に生を受け、足かけ34年間有権者やってるんだけどそんな話は社会党や共産党以外からは聞いたことがない。

 まあね、この期に及んでこんな戯言をマジ顔で言うのでは、久間更迭のみならず自らの辞任も一緒にやったらどうよ、つまり総辞職しろってことだけど。

 ここまで政治家安倍晋三の看板に偽りがあるのが露呈しては総辞職するしかないでしょうよ。
欧米誌が書くような右翼でもない、保守ですらないことが露呈したんだからさ。

 さて、余談ですが、この件に関するネット右翼やエセ保守の反応ってほとんど無いんだよね。
産経izaの安倍マンセー記者ブログもどこも所感書いてない。w
で2ちゃんねるで笑えるのを発見したんだけど

298 :文責・名無しさん:2007/06/30(土) 21:51:30 ID:Rtr4BnAV0
クライン先生!!
久間発言に関する安倍総理のコメントに早くコメントしてください!!

とか
309 :文責・名無しさん:2007/07/01(日) 09:37:58 ID:i791agq70
大の仲良しの久間防衛相発言についてのコメントをおながいします。
「足を引っ張る」「悪口」などのキーワードは欠かせません。

なんてことが書かれてる。
ここで大の仲良しと書かれているのは、推測だけど、随分前、防衛庁が省になる直前にこの婆さんが久間のバカと電話対談かなんかやって、それを自慢げに吹聴してたからおちょくってるんでしょうが、これが書かれてからも当の婆さんはこの件についてなにも書いてない。
まあ書けといってもこの小泉・安倍マンセー婆さんの知識と教養では書けっこないでしょうが、それを見透かして
311 :文責・名無しさん:2007/07/01(日) 22:18:21 ID:kOZDXF9i0
>>309
産経の阿比留記者がなにか書いたらパクろうと思って待っているのですが..
もう少しお待ちになって!(代理人)

なんて書く奴がいる、それにしてもよく押さえるところ押さえてるわ。w


過去記事
また出た久間のバカ発言>『原爆投下はしょうがないね』だってよ
AP電で世界に伝わってしまった久間のバカ発言>国辱野郎!!辞任しる!!
久間もアホだが安倍はもっとアホ:BBCの伝える安倍コメント

その他参照記事
Minister apologises for A-bomb gaffe
Japanese official: A-bomb was inevitable
Atom bomb row minister apologises
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]