忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

銃器対策本部、官房長官が取り締まり強化呼びかけ

 塩崎氏は冒頭、「押収される拳銃の多くが外国製である実態を踏まえて、水際対策の強化を図り、外国捜査機関との協力を一層推進して、海外からの拳銃の流入を阻止することが重要だ」とあいさつ。

 この男は目が虚ろなのが常々気に入らないのだけど発言まで虚ろだな。
 現実的な可能性の問題として製造から流通経路の管理がシビアな国産拳銃が出回るわけはないわけで、あってもモデルガンの改造くらいでしょう。
だったらはじめから重点取り締まりは密輸でしょうが?
そして水際における銃器の摘発は減少しているのに重犯罪は増えているわけで、考えるべき要諦は尚更はっきりしていると思うよ。

 銃器対策を担当する高市早苗沖縄・北方担当相は記者団に対し「さらに一歩を踏み込んだ対策をとれるかどうかの検討にもかかっていきたい」と述べ、関係省庁間で、銃器対策体制の見直しや罰則強化などを協議する考えを明らかにした。

 なんでこんな複数省庁横断でしか実現不能なプロジェクトを高市みたいな脚が太くて口がでかいだけで睨みも押さえも効かない馬鹿がやるわけ?
もうこれだけでかけ声倒れが予感できる。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]