忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 AFPの「Japan's PM vows to stay despite crushing defeat」という記事にコロンビア大学のジェラルド・カーティスのコメントが引用されています。
"Abe is finished," said Gerald Curtis, a Japan expert at New York's Columbia University. "I think if he's smart, he'll quit tonight." The longer he stays, "it will just be more and more chaotic politically," Curtis said.

たったこれだけですが、的確なコメントだと思うので紹介しておきます。
そして短いのでさして面倒でもありませんから訳しておきましょう。
「安倍は終わった。」「もし彼が聡明ならば彼は今夜辞任するだろう。」「(彼が居座り続けることは)政治状況をますます混乱させることになる。」大意としてこんな感じですね。

 この記事はタイムスタンプが現地時刻で03:21だし、カーティスに対する取材は当然それより遙か前だと思われますから、カーティスはまだこの段階では安倍さんの続投表明は知っているかもしれませんが、自民党役員会決定は知らないと思われます。

 となれば、カーティスに言わせれば安倍さんはアホだということになります。

 もっともこれは国の内外を問わずそう思われているんですが、替わりがいない。
名前が出るのは麻生さんが一番多いんですが、必ず但し書きとして、「意欲は満々なんだがヘマが多い。」と書かれてます。

 自民党も異論なし、連立与党・公明党にも異論なし。
まあ要するにだ、安倍坊ちゃんはアホなので、ボロ雑巾は擦り切れるまで使ってやれっと。

 さて当のご本尊ですが、
「反省すべき点は反省し、人心を一新せよと言うのが国民の声だ。しかるべき時に内閣改造、役員の一新を行いたい」朝日新聞

だそうです。

 これは....
小泉前総理の「自衛隊のいるところが非戦闘地域」並の迷言ですな。

 小泉マンセ~も安倍マンセ~も、批判する者を全部反日だの工作員だの言うわけですが、やはりそういうアホウの崇拝対象には似たようなアホウが座るようで、ここにおける「国民」というのは恐らく限定的にその「マンセ~」共のことなんでしょうな。

 ちなみに財界のご意向はというと
経団連 御手洗富士夫会長 
「続投はよいと思う。安倍内閣は内政も外交政策も間違っていない。問題は山積しており、改革のスピードを落とすことなく、粛々と解決していく必要がある」

経済同友 桜井正光代表幹事
「安倍政権の改革路線を支持してきた立場としては残念だが、安倍総理には国民による厳しい評価を真摯に受けとめ、将来不安と政治不信を払拭してほしい」

日商 山口信夫会頭
「政府・与党はこの結果を真摯に受けとめ、引き続き経済成長を維持しつつ、地域経済の発展やしっかりした中小企業対策にも配慮した政策運営に重点を置いていただきたい」

ということのようで、ひょっとすると安倍語における「国民」とはこういう人達のことを指すのかも知れんな。

 追記:今朝出た昨日(30日)のアメリカ国務省の会見録に選挙結果に関する質問と応答がありますので貼っておきます。
QUESTION: I had a question about the elections in Japan.
MR. CASEY: Yeah.
QUESTION: There's calls for the prime minister to resign and now -- what the State Department's reaction to that is?
MR. CASEY: Well, I'll leave the internal political developments to the Japanese themselves.
Certainly, Japan held, yet again and obviously, a very successful election and we congratulate the Japanese people for that, as we would anyone else.
In terms of what the political implications of that are, the United States has a strong relationship with Japan that goes back many years.
We expect we'll be continuing to work with the prime minister and his government as things move forward.
In terms of what this election means or signifies for the Japanese political system, I'll leave that to the politicians and the analysts in Japan.
Mr. Lambros, okay.

これは当たり前のことですが、ケーシー副報道官はあくまでも日本の内政問題であるとして内容に関する論評を避けています。





PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]