忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 謝罪文を週刊朝日が掲載してからの反応を暇に飽かせてネットで拾ってみた。

首相の猛抗議に跪いた週刊朝日

週刊朝日もかきなぐりを得意技としているようだ。 5月4日・11日合併号で取り上げた長崎市長銃撃事件の発生に安倍首相秘書のトラブルが関係していたと受け取れる記事を掲載したことについて、安倍首相自らが朝日新聞に抗議していた問題で、週刊朝日編集部は完全白旗を揚げた。

朝日による言論テロ攻撃
こんなもん編集長のお詫びで済むわけねぇ〜だろうが 「不適切な表現」にもほどがあります。 週刊朝日は廃刊にすべきですね。

 週刊朝日は廃刊にしなくてもいずれ時代の流れに流されてなくなるのではないでしょうか?
そして白旗ですが、これはネット内で最も多く見られた反応でありそしてもっとも軽薄な反応ではないのかと思います。

 これはいつものことなんですが、彼らがこういうことをおっ始めるにあたっては必ず一定の目的意識を持っているのであり、それは恐らく安倍倒閣でしょう。

 もっとも、なんで彼らが安倍内閣を倒したいのか、そこはさっぱり解らないのは、こんななんの正体もないような政権は彼らにとっては一番都合のいい政権のような気がするからなのですが、しかし彼らは恐らく倒閣を目的にしている。

 25日に○△日記定点観測記(07/04/25)  安倍総理も馬鹿だがファンはもっと馬鹿の中で
既に馬鹿宰相・安倍はすすんで地雷原に入ってしまったのだよ。 昨晩の官邸記者会見の問答は既に報じられているのだが、その中の「週刊朝日の広告を見て愕然(がくぜん)とした。私や私の秘書にも家族や親族がいて、子供もいる。これは言論によるテロではないか。報道ではなく(倒閣を目指す)政治運動ではないか」と「まったくのでっち上げで捏造(ねつぞう)だ。こんな記事を書いた記者は恥ずかしくないのか。」迄は良いだろう、というより寧ろ言わなければ肯定したことになる。 しかし激情のあまりかなんなのか「私や私の秘書が犯人や暴力団の組織と関係があれば、首相も衆院議員も辞める考えだ」というのは言わずもがなで、出たら辞めることになる、そして出る可能性はかなりある。
と書いたんですが、僕は週刊朝日は白旗どころか勝利したと思うんですね。
言わせてしまったんだから、あとは傷を最小限にするために謝っておこうかと?

 そういう意味では産経の阿比留さんが安倍首相の怒りのコメントと懲りない朝日新聞の中で書いている
 安倍氏は、朝日のわずか5行程度のお詫びで話を終わりにする気はさらさらないようです。それにしても、朝日って本当に懲りないですね。近々、社説で「一部の広告は確かに不適切だった。かといってこうまで怒る安倍首相の態度は不可解だ。一国の首相として常軌を逸しているといえまいか」なーんて、書いてくるのではないでしょうか…。
というスライダー気味の書き方の「朝日の社説」の部分が一番正鵠を射ていると思いますな、阿比留さんの意図はそれとは違うようですが...

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]