忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日も暇だったんでちょっくら電車に乗って横浜まで出掛けてきた。
 関内で降りたんだが、降りた頃が丁度昼飯時、でわ!! っと中華街に向かったんだが、相も変わらず道を歩いていても日本語が聞こえてこないんだな。
相も変わらず道を歩きながら携帯電話で「ぴーちくぱーちく」、まったくヘドが出そうな喧噪で、どうにも僕はこういう環境で飯を食う気にはならんのよ。

 仕方なく更に歩を進めて元町に行ってみた。
なにしろ車では入って行きにくいところなんでゆっくり歩くのは数十年ぶりになるんだが、随分変わっちゃったもんだよ。
でも昔からあるお店はまだ随分残ってて、そんな店の一件で危うくレザーのジャケットを衝動買いしてしまうところだった。
なんで衝動買いしそうになったかというと、染めが良かったし一見皮が良かった、でありながら値段が8万円っと安かったからなんだが、しかし買わなかった。
なんでかというと、よく見るとフラップポケットのところで皮が接いであるからなんだな。
これが二十歳代や三十歳代の頃ならそれくらい我慢して買っちゃったんだろうけど、さすがにこの歳になると、そこが一枚皮じゃないと表に着て出る気はしない。
僕としては珍しく、買う前に慎重に見定めた結果大枚八万円を失うことを免れたわけだが、結局、今更ネクタイ買う気もしないしスーツを買う気もしないし、カジュアル系の靴もってことで服飾系はなにも買わなかったんだが、それにしても元町にはまだハマトラの香りが残っているのがなんとも嬉しかった。

 なんだかんだと一時間半ほどウインドー・ショッピングしながら歩き回ったんで疲れてきた上に腹も減ってきたんで飯を食おうということになったんだが、いわゆる「洋食屋」ってのがほぼ死に絶えたね。
であるのは中途半端なイタ飯屋とこれまた正体不明のフランス料理屋と銘打った国籍不明料理屋ばっかなんだな。(だったら「洋食屋」にしとけって!!)

 ボチボチ探すのも面倒になってきたんで目の前にあった「Italian El Ella」ちゅうとこ入ったんだが、時間帯が悪いのかメニューが最悪で選択肢がほぼ無いんだな。
選択肢がないちゅうのは「イタ飯屋」を広く主張出来そうなメニューしかないちゅうことで、仕方なくサラダとパスタとくったんだが、ちなみに酢はただのりんご酢だろ?ヴォケ!!
まあ払った金は三千円弱なんでかつて霧笛楼の「いくら創作ちゅうてもだな、基本無視すりゃアウトだろ!!」ちゅうよなインチキ臭いフランス料理に七千なんぼ払った時ほどには腹は立たなかったが、少なくともデイタイムの元町は真面目に飯を食うところではなかった。

 でまたプラプラと歩き出し、石川町の駅に向かおうとしたんだが、そうえいば先々週くらいに来た時に銀杏がもう少しだったなってことを思い出し、横浜人形の家の前の歩道橋で写真だけ撮ってきた。





横浜人形の家でライブイベント-ブレッド&バターら出演
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]