忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 なんとも嬉しそうなんだが、これきっこのブログの最新。
またまた出ました!アベ内閣のトンデモ発言!
 都知事選の時には石原サイドに恫喝されて記事削除したような腑抜けが、相手が安全牌と分かってる時には元気の良いこと。

 けどねおばさん。
こんなものは一々数え上げりゃきりがないわけで、国会会期中にだって事件化しなかった危ない発言いくらでもあったじゃんかよ。

 あんたどっかが書かないと書かんわけ?
それぢゃ欧羅巴は独逸在住のナニと相似だな。w

 ちなみに昨日の産経新聞には小池防衛相の対談が掲載されており、相手はそのナニだ。(爆
っでそのナニがこんなことを言っている。

テロの嵐が吹き荒れる中、やれNATOだ、やれ日米同盟などと縄張り
争いをしている余裕はない。一体化しなければ。安倍首相が今年1月にNATOで演説(注3)しましたが、ブッシュ米大統領もNATOを、日本や豪州にも協力してもらうような大組織にすべきだとしている。ドイツのユング国防相にお聞きしたら、NATOでは日豪両国などに協力してもらう態勢はすでに頭の中にあると。特に日本はアフガン、イラクで非常によくやっており、すでに入ってもらっている感じだと話していました。
日米といわず、さまざまな形で協力しテロと戦うべきです。

 なにいってんの?
あんたの言っている内容はだな、アメ公にとっちゃ便利で有用な内容なんだが日本にとっちゃなんの御利益もないぞ。

 そしてもう一方のNATO、これもアメリカに対してはそういう不信がある。
テロとの戦いを始めたことによって、これまでテロの危険が少なかった国においてまでテロの危険が増大した。

 日本がテロの被害国であり得るのはこれまでの事例で言えば、北朝鮮による拉致とオウムのサリンくらいだろ。
しかしこのまま無定見な媚米路線を突き進めば、なんら御利益がないかわりにイスラム系のテロの危険だけが増大すると思った方が良いし、EUやオーストラリアはそういうこと既に考えて修正始めてるじゃないの。
何より、国法を歪めてまでイラクに派兵した我が国の抱える拉致問題にどこかの国が連帯してくれているか?

 こんなところが産経新聞にしろこのナニにしろ媚米一辺倒で平衡感覚が全くないんだが、評判芳しからざる小池大臣もさすがにこの点に関してこのナニのようなアホなことは言っていない、それほど産経新聞やこのナニはナニだということよ。

 そうそう、ここで僕の使った「テロとの戦い」はブッシュとネオコンのの言う「テロとの戦い」を限定的に指します、そこ忘れなく。

 このナニの言っている文脈に従った連携をやった場合、テロの危険は拡散することはあってもシュリンクすることはあり得なく、寧ろ、逆に我が国一国の水際管理を徹底と関係国の情報共有だけを強化する方が我が国の安全には効果的だし、国際的なテロ防止にも貢献できる、テロ組織が利用や経由できる国やリソースが確実に且つ大幅に減るわけだから。

 さておまけです。
ナニは2003/09/27には小池防衛相に関してこんなことを書いてますな。(爆
小池議員ね。1,2度,お会いしたけど,要領がいい人という印象を強く受けました。美味しいところをツマミ食いする天才っていうのかな?そりゃ,高市早苗議員や山谷えり子議員の方が、その点地味だけど誠意を感じる。
註:ナニとは満州語で○△のことです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]