忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 やって参りました、産経新聞野口せんせいが。(大爆
僕にとっての戦艦大和ってのは、美しい艦体ではあるけれども、帝国海軍の硬直性、そして優柔不断、アナクロニズムの象徴、そんな意味しかない。

 しかし野口せんせいによると
 大日本帝國海軍が誇った軍艦大和の雄姿と米海軍の戦略家アルフレッド・セイヤー・マハン少将の立派なヒゲが唐突に頭に浮かんだ。11月2日午前0時のことであった。
なんだそうだぞ。(大爆

 尤も、帝国海軍と戦艦大和に関する僕の指摘と彼の言ってることそのものに大して差はないんだが、彼はこのアナクロニズムを民主党のテロ特反対に被せて批判してるんだな。
しかしその論旨がアメリカ直伝の自民党の主張そのまんまの受け売りなんだよ。
つまり「シーレーン防衛」なんだがさ、でこの種の人はアメリカと我が国の媚米には多くいて、なんで今頃ちゅうようなビンラディンの話、「日本がアメリカのイラク侵攻を支持したからタンカー沈めてやろうや。」といったとか言わないとかって話なんだが、それがアメリカサイドから垂れ流される。

 確かにシーレーン防衛の要はあるわさ。
けど日本国憲法はそういうことを許しちゃおらんわけだよ。
厳密に言えば、たとえ我が国の領域内に他国の戦力が進撃しても交戦権はない、こういうことなのさ。

 言っておくけど、自衛隊の合憲性であるとか自衛権行使の合憲性を判定するのは内閣法制局ではないんだぜ。
これまでの政府の方針は、内閣法制局の判断に基づいたもので、決してそれが合憲であるという担保にはなってない。

 では誰が判断すべきかというと、日本の統治システムの中では最高裁ということになろうけど、最高裁はこれまで「統治行為論」を持ちだして憲法判断を放棄してる。
放棄しているのだから判断はしておらず、違憲であるのか合憲であるのかを僕が定かに断言することは出来ないんだけれども、合憲であれば最高裁は「合憲である」と言えば済むのを言わない、すなわち「法理的には違憲である」ということなんだな。

 そういう国家として最もRadicalな病根はスルーして威勢の良いことだけは言う、それも我が国のためにではなく日米同盟のために、もっと言うならばアメリカの世界戦略のために。
 日本がこの憲法問題をスルーし続けて利を得るのは誰かと言えば、やはり最も得るのはアメリカであり、次が中共であり朝鮮であり、ロシア、この限りにおいてはこいつらは全員一蓮托生なんだが、不思議に似而非保守や似而非右翼はこれも言わんのだな。

 そして不思議なことに、似而非保守は憲法改正、安保改訂、自主防衛力強化なんちゅうことを言うとその反論として、それでは今の国防予算の何増倍もの予算が必要となり、増税等によって国民生活が圧迫される、安保堅持だちゅうんだよ、そして別の切り口の話になると憲法改正ちゅうんだが、一体そういう連中ってのは憲法や条約読んだことあんのか?

 これは吉田茂さんに端を発し、佐藤栄作さんの時代に完成されたんだろうけどさ、安全保障は棚上げして経済成長だけを目指す。
そしてそこで得た利得からアメリカの意向に従って、東南アジアや東アジアが赤化するのを防ぐために、アメリカのダミーとして金をばらまく、こういう時代が戦後長く続いたたわけで、これが60年体制だ。

 今更「ODA等であれだけ金使ったのに近隣諸国は誰も日本に感謝しない」なんちゅう惚けたことを言う人が数多いるんだが、貰った方はアメリカのダミーとしか思ってなきゃ感謝しないし、配った我が国も岸内閣以来結局それを利権化して政治家に配分してきてるんだから、銀行と一緒で目の前を金が動いてさえいれば良かったわけよ。
少なくとも「自衛」ってことを現実的に考える人は少なかったんじゃないの?

 独立国としてやるべきことをやらずに、本来使いうる金を他国のために使ってきた、それを今までとすれば、今「自衛」を真面目に考える時に金が要るのは当たり前だし、なにより日本のために死んでくれる「外国人」がいるなんてのは妄想でしょ?

 日本人は歴史的に、満州や朝鮮に旗を揚げに行った人を除いて、居場所を失ったって体験がないからこういう空想的な都合の良い話が罷り通っちゃうんだけどイスラエルを見て見ろ?、パレスチナを見て見ろ? クルディスタンを見て見ろ?
もっと言えば、似而非右翼の大好きなチベットを見て見ろ?
人を平和惚け呼ばわりするお前らが実はその平和惚けの最たる姿なんだよ。

 テロ特なんて重箱の隅の話なんてのはどうでも良いわけでさ、問題にすべきは、自律的に国を護れないシステムである、国を護ろうという明確な意思が大いに国民に欠如しているという現実だろうがよ?

 で野口せんせいなんだけどさ、いまだに60年体制のパラダイムから抜け出すことが出来てないからアナクロだちゅうわけなんだが、これでも産経新聞では政治部専門委員なんだそうだ。
クライン孝子のような正体不明の駄法螺吹きに正論書かせる新聞社はさすがだよ。(大爆

関連過去記事
人を平和惚け呼ばわりする産経・野口の平和惚け
野口違いだけどやはり産経・野口
対人地雷、クラスター弾、核兵器
ムシャラフの断末魔と日米関係の近未来、そしてアホ満載の産経寄稿者
文民統制を協調するなら軍事力を外交利用しろ!?
テロ特失効の影響?:アホの産経新聞は分かり易すぎだぞw
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]