忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 すでに色々のところで報じられていますが、昨日天安門にある毛沢東の肖像画が焼かれたそうで...
そして犯人は現在取調中とのことですが、新疆ウイグル自治区のウルムチの失業者の男だそうです。
真っ先に出てくるのが「he was treated last year in a mental hospital.」なんですが、政治体制の如何に関わりなく精神異常者とはなんとも便利な言葉ですな。

 日本にいる中国人の友人で30代から40代の初めくらいの人達と話をしていると、毛沢東というのはそんなにいまや学校教育、とりわけ思想教育の中で重きをなしているということはないようですが、しかしいまだ政治的には攻める側にとっても守る側にとっても最上級にシンボリックな存在だということなんでしょうか?

 しかしなんと言っても一番微笑ましいのは「どのみとこの肖像画は土曜に掛け替える予定だったんだよね」という中国当局の負け惜しみです。(本当なのかもしれんけどさ)

参考記事
Portrait of Chinese Leader Damaged (AP)
 Man held in attempt to set fire to Mao portrait in Beijing(Los Angeles Times) 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 毛沢東肖像画に発火物投げる
毛沢東肖像画に発火物投げる ウイグル自治区出身の男を拘束 この男死亡確定だな。 ご愁傷様..... ↓クリックでランキングチェック
URL 2007/05/13(Sun)22:38
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]