忍者ブログ
軍国少年の半世紀、そして結局...
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日「BDA:すでに金曜だけど動きがないぞ!!」でBDAの資金に関する最新情報としてロイターの記事を引用し、

在香港のアメリカ系投資銀行家(John Parkがある提言をしていると。
その提言概要は、アジア金融危機の時の処理モデルに準じてBDAを破綻行扱いにし、澳門金融当局が25000ドルだけを別枠で北朝鮮の指定する銀行に送金す、BDAには澳門当局が同額の資本注入をやり、この米系投資銀行がBDAの経営権を買い取る。


と書きました、そして同時に

財務相スポークスマンは「きいてないね!!」と言っているということで真相は藪の中ですが、僕はこのまま藪の中のままで抜き差しならなくなることを望んでいます。

と全く希望的に観測を書いたわけですが、残念なことについ今さっき讀賣オンラインにこんな記事が上がりました。

BDA資金、北朝鮮へ仲介の米銀見つかる…米紙報道
 【ワシントン=坂元隆】米保守系紙ワシントン・タイムズは11日、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)から北朝鮮関連資金の送金を受け入れる米国の銀行が見つかったと報じた。
 北朝鮮は核放棄に向けた措置をとる前提条件として、BDAで凍結されていた資金の送金による返還を要求しており、米政府は米国の仲介銀行を探していた。
 米銀経由の送金が実現すれば、北朝鮮が寧辺(ヨンビョン)の核施設の停止・封印などを実施し、核放棄に向けたプロセスが動き出す可能性が高くなる。
 同紙によると、米政府当局者はBDA資金の送金受け入れを表明した銀行の名前を明かしていないが、大手銀行ではないという。
 米財務省は米金融機関にBDAとの取引を禁じているため、財務、国務両省の法務担当者は、送金を受け入れる銀行が制裁違反に問われないような送金方法を検討しているという。
 北朝鮮は当初、BDAから第3国の銀行に送金する可能性を探ったが、米国の銀行を経由しない限り、米ドル送金は事実上不可能なことがわかり、米政府も乗り出して送金方法を模索していた。
(2007年5月12日11時10分 読売新聞)


 嫌な感じですねぇ。
讀賣のソースはワシントン・タイムズということなのでさっそくワシントンタイムズ読みにいってきました。
関連部分のみ以下に引用して訳つけますと

U.S. bank helps clear hurdle to shut reactor
- The Bush administration has found a U.S. bank willing to accept $25 million in North Korean funds, and officials hope the transfer -- the final hurdle to the closure of the North's main nuclear reactor -- can take place in the next few days, The Washington Times has learned.
ブッシュ政権は北朝鮮の2500万ドルの資金を受け入れる意志がある米国の銀行を見つけにた。そして当局は、北朝鮮の主要原子炉の閉鎖に向けた最終的なハードルとしての資金の移動がここ数日中に行われることを期待するとの情報をワシントン・タイムズは得た。

- U.S. officials did not identify the American bank, although they suggested that it is not one of the bigger and more recognizable institutions.
米政府当局者はアメリカの銀行を特定しなかった。しかし、彼らはそれがよく知られた大銀行ではないことを示唆した。

- No official agreed to speak on the record because none was authorized to discuss the matter and no decision has been made to disclose the development publicly.
当局者は、それが極秘裏に進められたこと、そしてこの問題について語ることを許可されていないとの理由でオフレコでしか語らなかった。

 こんな内容で良いと思います。
目を皿にしてあちこちあたってるんですが、今のところこの件に関する報道はこれしかなく、国務省のサイトにも財務省のサイトにも情報はありません。

 そのことが、この報道の信憑性が低いことをあらわすのか、あるいはアメリカ国内の関心の低さをあらわすのか、そこは判りませんが、

Lawyers at the State and Treasury departments are seeking the best way to allow the transfer without breaking U.S. law.

ともありますから、アメリカ政府はパトリオット法の抜け道を探している、それが完了するまでは公表がない、こういうことなのかもしれませんが、こういう話がここまで具体的に流布されるのは爾来初めてのことでもあり、いよいよ楽しくない局面にはいる、そういう覚悟がいるのかもしれません。
ただ、まだアメリカはあくまでもパトリオット法の埒内での解決を目指しているということだけは窺い知ることが出来るようで、最悪ではないと、そういうことかと思います。

 それにしても日米合作で巧みに国民の目を北鮮や拉致から外すものですわ。
そしてそれにうまうまと乗せられるネット右翼ってのも洒落になりませんわ。


 WASPは


  信用できん!!

 ここからは5月12日22時45分に加筆したのですが、まだネット右翼や媚米保守はこの流れがライスとヒルによって作られた流れであり、ホワイトハウスや財務省は違う立場だなんて馬鹿なことを言っているんですが、そんなわけないでっしゃろ。(爆

 最初にこのエントリを上げたときに面倒だから引用しなかったフレーズが幾つかあるんで、そういうアホな人達のためにそれらを上げ直しておくことにします。

The highly unusual decision to let North Korean money labeled by the Treasury as "dirty" be deposited in a U.S. bank -- entailing full access to the international financial system -- was made by Secretary of State Condoleezza Rice and Treasury Secretary Henry M. Paulson Jr., officials said.
財務省によって汚い金であると判定された北朝鮮の金を、国際金融システムに対する十分なアクセス能力を持ったアメリカの銀行に寄託するというこの高度で例外的な決定はライス国務長官とポールソン財務長官によってなされた、と当局者は語った。

Mr. Paulson is said to have agreed with Miss Rice because he does not want to risk his good relations with Chinese officials.
ポールソンは、彼の持つ中国当局者との良好な関係を危険にさらしたくないのでライスに同意したと言われている。

 要するに国務省はある時期から見え見えだったんですが、いまや財務省も自国の国益のためにルールを平気で曲げようとしている、こういうことなのであり、そこには日米同盟に対する現実的な配慮なんかはさらさらない、それが証拠にアメリカのメディアはこの件に関しては至って通り一遍だし、数日前に「対北朝鮮:乖離する日米の姿勢(It was two boats, but not a catamaran.) 」で引用したワシントンポストの社説ですらが日本のこと、いわんや拉致のことなど一言も触れてはいません。

 媚米保守やネット右翼の諸君!
一体あんたらどこまでお人好しなんだ?


 そうそうついでだから書いておくけど、あんた達がヤンヤの喝采を送った日豪同盟の相手ハワードはもうとっくに日本を裏切ってるって話をもう一回紹介しておこうじゃないの。
信じたくはなかったが:ハワード豪首相の裏切り 

 ここまでWASPが信用できないことが露呈してもオタクらまだアメリカのために解釈改憲やることに賛成なわけ?
アメリカの世界戦略のために国庫の金や自衛隊員の命を使うことに賛成なわけ?

 いよいよ憲法改正、自主防衛力強化、日米安保、地位協定改訂しかないじゃん。


関連過去記事
あてにならないニュースですが:AFP経由の連合通信が報じるBDA
「共同記者会見における対北スタンスの微妙な差」
なんでブッシュが「受け容れる」と発言したか?
日米共同声明の内容 
The Prime Minister Abe seems to be also an amateur.
BDAそしてDaedong Credit Bank 
首相訪米に対する産経阿比留さんのスタンスは贔屓が過ぎる
国務省年次報告に見るアメリカの裏切り
続:国務省年次報告に見るアメリカの裏切り 
米銀経由のBDA資金移転の可能性
BDA:すでに金曜だけど動きがないぞ!!


PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索

Copyright © [ stay alive for a moment of the death ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]